人気ブログランキング |

温度の違い@煮茶梅2019⓻

c0198781_05320518.jpg


今年はダブルの鍋で作業を続けたおかげで
あらたな発見というか
気づいたことがありました
それは煮ている時の「温度」です
煮茶梅を作る時の気温が
東京と比べるとかなり低い津軽
特に夜はひんやり~な時も多く
涼しくて快適なのはとってもいいんですけど
それが鍋の中の温度にまで影響しているように感じたのです
吹きこぼれないように焦げないようにと最弱火にしていると
換気扇や窓からの風が微妙に影響するようで
仕上がりのトロリ館に差が出るようです
梅がしっかり煮えた時には
シロップのとろみもしっかりとして
というかプルンと固まって
梅とお茶の味わいのバランスがとてもよくなるように感じます
弱火+αの温度加減
窓を閉めたり換気扇を止めたり
時には鍋に蓋をしたりしながら
鍋の中の温度がなるべく高いまま保たれるように
プルンとしたシロップの仕上がりを目指します~☆

                                Copyright (C) 2006-2019 Tea Wave All Rights Reserved

青森ブログランキングへ


by tea_wave176 | 2019-08-12 07:08 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://teawave176.exblog.jp/tb/30402575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。