ぐっと我慢@煮茶梅2018②

c0198781_10374833.jpg

煮茶梅仕事2018
時間に余裕があるってありがたいことですね
何よりも気持ちに余裕が生まれて
ひとつひとつの作業が
とても丁寧に落ち着いて進めることができますものね
昨年まではなんだか焦る気持ちが勝っていたような
そしてそれが失敗につながったような
泡泡を見ながら過去の失敗が思い出されます
気持ちを引き締めて煮始めますよ~☆

まずは泡が出てくるまでの20分~30分
今年はやや気温が低かったこともあり
蓋をしてみました
なるべく早く梅汁を出して
汁の中で煮る時間を長くしたいと思ったからです
蓋をするので火は弱火でじわじわと
そして泡で梅が覆われるまで
かき回さずにぐっと我慢
鍋の中の温度を下げないようにして待ちました



c0198781_10380552.jpg


たっぷり泡が出てきたら
鍋の蓋を取って煮続けます
この泡泡が吹きこぼれないように要注意!
火加減を微調整しながら
泡泡状態を保ちます



c0198781_10382523.jpg

そしてもうこぼれるーとなったら
木べらでやさしくかき回します
ちょうど
お茶を淹れている時
注ぎ切ったあとの茶壺の中に茶針を入れる感覚
茶葉の状態を整えて茶葉の間にすーっと空気を入れてあげるように
そうすると
鍋の中の温度がわずかに下がって
もこもこの泡がすーっと引いていきます



c0198781_10384430.jpg

その後の約20~30分は
細かい泡が落ち着いたまま
膨らむことなく煮えていきます


c0198781_10390173.jpg

泡にほんのりお茶の色がついてくるのは
最終の10分を切る頃からです
梅の色もこの段階ではそれほどしっかり色づきません
その辺は使う鍋やお茶の種類で多少の違いはあると思います
ただ煮すぎると
カラメル状になって焦げてしまったーという経験があるので
1時間を目安に火からおろします
火加減と泡の状態と時間
余裕を持ちながらも細心の注意を払っています


                                Copyright (C) 2006-2018 Tea Wave All Rights Reserved

青森ブログランキングへ


[PR]

by tea_wave176 | 2018-06-28 12:21 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://teawave176.exblog.jp/tb/29602289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。