お花の愉しみ@煎茶サークル

c0198781_18101903.jpg


床の間の花は
そのまま自然の中にある時には
気づかないような
季節感や自然の美しさを
活ける人の感性を通して際立たせ
観る者の心に届けてくれる

ある日のお稽古で
すぅーっと伸びたすすきに釘付けになった
それは頭の中にある
この時期のすすきの姿とは少し違っていたから
普段は見過ごしていたすすきの姿だったから
自分が知らない世界に出会って
はっとしたという感覚と
季節の終わりになお凛とした姿に
なんだかとても惹かれたから


c0198781_18120288.jpg


次のお稽古の時
緑も花もほぼ終わり寂しくなった庭から
菊の花がなんとも華やかに美しく
そう
庭で咲いている時は
こんな印象ではないわ~という姿で
そして何より
花器がとっても素敵~♡
と言ったら
「この前と同じ花器よ」と先生
あら私ったら
前回はすすきにばかり気を取られて
花器の印象が残ってなかったのだった
同じ花器が目の前にあったというのに

同じお道具使いでも
全く違う印象を与えられること
しびれました~☆

                                 Copyright (C) 2006-2017 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ

[PR]

by tea_wave176 | 2017-12-10 01:57 | 茶席論 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://teawave176.exblog.jp/tb/28534233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。