台湾&東京からお茶友たちがやってきた2016☆二日目 ~鶴の舞橋から冬の日本海

c0198781_22253627.jpg

前日とは打って変わって小雪舞い散る津軽の空模様
張老師にはダウンのロングコートと手袋を
東京のAさんにはホッカイロを渡していざ出発!
最初の目的地は今年夏のJR東日本「大人の休日倶楽部」CMで
吉永小百合さんが訪れた『鶴の舞橋』へ

CMはこちらへどうぞ↓
http://www.jreast.co.jp/company/tvcm/index.html?code=otona38

今夏私もはじめて訪れ
お気に入りスポットになりました
寒そうな水面と橋はモノクロ加工したように見えませんか?
こんなグレーな世界が津軽の冬なのです


c0198781_22264278.jpg

全長300mを越える日本一長い木造の三連太鼓橋
青森県産「ひば」が使われています
橋のかかる津軽富士見湖は
人口の溜池ではありますが
湖面に映る逆さ津軽富士岩木山や
雪景色の岩木山と一緒に
朝陽や夕陽を背景に
春夏秋冬朝昼晩
訪れてみたい場所です


c0198781_22282011.jpg

暗くなると灯りがともるんですね~
綺麗だろうな~

c0198781_22293177.jpg

鶴のモチーフがあちらこちらに


c0198781_22305923.jpg


お昼ごはんは五所川原羽野木沢のみどり亭へ
津軽の大きな大きなお屋敷で
美しいお庭を眺めながら
地元の美味しい食材を使ったお料理を楽しめる場所
料亭とか古民家レストランとも違った
ホッとくつろげる雰囲気が
何とも言えない魅力です


c0198781_22312891.jpg


紅葉真っ盛りのお庭の眺めも最高でした☆


c0198781_22333094.jpg


お昼ごはんの後は西海岸へ
北金ヶ沢の日本一の大イチョウです
おおお、大きい!
迫力満点!
色付きはまだまだ緑でしたが
吸い込まれるように幹に触れ一回り
なんだかとても気持ちのいい
癒される場所です


c0198781_22340950.jpg


せっかく西海岸へ来たのだから海辺へ
夏にも来た千畳敷
張老師が食べたい!と言っていた
うにいくら満載の丼は
夏限定なのですよ
ごめんなさい
でもほら
この荒波と強風とどんよりしたグレーの海空
これがまさに日本海
演歌の世界ですよ~


c0198781_23473039.jpg


振り返ると
そこにいたのウミドリだけ
張老師とAさんは車のところで
寒いよ~早く帰ろうよ~と。。。
冬の日本海
一番楽しんだ私なのでした
へへへ

帰り道
お料理上手な張老師リクエストで
海の駅とスーパーへ
晩ごはんは張シェフによる
魚と野菜満載の台湾料理となりました
うまうま☆
ごちそうさまでした~☆


                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ

[PR]

by tea_wave176 | 2016-11-21 11:33 | 茶旅 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://teawave176.exblog.jp/tb/26166774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。