人気ブログランキング |

「江戸からかみ」素材の魅力 

第十回お茶研「江戸からかみ×現代茶席研究会」~伝統工芸の世界と茶席~では
株式会社 東京松屋の河野綾子氏を講師にお招きして
江戸からかみの歴史、技法、紋様のことなどを
貴重な資料や数々の作品を見ながら教えて頂きました
そして後半のワークショップでは
一人ずつ選んだからかみ作品をもとに茶席を創り
河野先生にそのからかみの解説をしていただきました
感じるままに選んだからかみを
どんな風に茶席に設えるか
そしてそのからかみの
本来の意味はどういうものなのか
興味津々でした
c0198781_22391756.jpg
こちらはYumekoさんと二人で
講義の合間にお茶を淹れる為につくった茶席です
当日会場の和室にど~んと飾られていた大きな屏風は
巡洋艦の貴賓室に収められた物と同じ作品だそうです
豪華絢爛な砂子師の技(からかみの技法のひとつ)に圧倒~☆
そして完全に想定外の展開~☆
使い慣れたからかみのイメージとは全く違うものを前に
津軽から運んできた茶器類や素材で
果たして茶席に仕上げることができるのか~?

なんて不安がよぎったのも一瞬のこと
あれこれ組み合わせていくと
なんだかしっくりと出来上がってしまいました~☆
c0198781_2239657.jpg
こちらは床の間の壁面と合わせたショット
同じく砂子師の作品ですが印象が違いますね

江戸からかみと出会い
茶席に取り入れるようになって
おもしろく感じることがたくさんありますが
中でも「和紙の素材感」がとてもいいな~と思うのです
やさしさと安心感
すべてを受け止めてくれる懐の深さ
そんな風に感じていると
茶席づくりの道具あわせも
「素材」の広がりを意識するようになりました

「江戸からかみ」と「茶席」の可能性
新たな広がりを追求していきたいと思います

人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved

by tea_wave176 | 2012-02-22 00:05 | 東京通信 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://teawave176.exblog.jp/tb/17514814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。