タグ:TeaWaveのこと ( 300 ) タグの人気記事

雪の毎日

c0198781_14484275.jpg

2017年最初の晴れた朝
ちょっと寄り道して岩木山にご挨拶
雪の少なかった年末年始は
挨拶をかわす人たちもみんな笑顔だったなぁ
写真を見ても
さらっと表面だけ白くなってるのがよくわかりますね
ああ、はるか遠い昔のこの眺め


c0198781_14490499.jpg

最初の寒波は今までにない程の冷え込み方
雨どいに積もった雪が凍ったまま落ちてこなくて
飾りつけをしたみたいになっている
このあといつ落ちるのか
雪国は上を向いて歩こう~なのだ


c0198781_14492520.jpg

そしてここ数日も
よく降ることといったら、もう。。。
歩道は完全に消滅し
側溝の境目もわからない道も多数
雪国は下も横も見て歩かねば~なのよね


c0198781_14493896.jpg

朝10時
ホワイトアウトまではいかないけれど
こんな道を車も歩行者も、そして自転車も!
同じところを通ることになるわけです
車で走っていると
道路の境目もよくみえなくなって
端に寄りすぎると積んである雪に刺さったりします
あ、スリップして反対側の雪だまりに刺さったりしている車も
見かけたりします


c0198781_14485398.jpg

まん丸に目を見開いて
ハンドル握る手にはすごい力が入って
ゆっくり運転していると
ぶぉーんと抜かしていく車がまき散らす雪煙で
一瞬視界真っ白になりますが
積極的に道をお譲りしております
なるべく歩行者にも自転車にも車にも
邪魔にならないように
お急ぎのお方はどうぞお先に

さて雪片づけに出動~☆

                                 Copyright (C) 2006-2017 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2017-01-25 15:25 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

豊増一雄作品との出会い@蘭亭

c0198781_20542845.jpg

ここ数年のうちに
日本の陶芸家の間でも
中国茶・台湾茶のうつわというあらたなジャンルが
注目され確立されるようになりました
同時に
そんな陶芸家たちが作る中国茶・台湾茶のうつわを使って
中国茶席をコーディネートすることは
珍しいことではなくなりました

有田の陶芸家豊増一雄氏の作品は
今や中国茶好きの間でもすっかりおなじみ
人気の作家さんですが
豊増一雄作品とはじめて出会ったのは
今から十数年前
学芸大学駅名店街時代の『蘭亭』でした

普段お店で試飲用のお茶を淹れる藤原さんが
使っていた茶壺や蓋碗は
「蘭亭」の文字が書かれた
染付のオリジナル豊増一雄作品だったのです
おいしいお茶がたっぷり染み込んだ貫入が
とても素敵な姿で
茶壺の蓋の上にちょこんと乗った鈴は
チリチリチリとかわいらしい音が鳴るんです

まだ中国茶の勉強を始めて間もなかった当時の私は
とにかく朱泥・紫泥の茶壺、というか
中国茶には中国茶器を、というか
それ以外の選択肢がない環境(=教場)にいましたし
今から十年以上前の当時には
日本の陶芸家の作品で
中国茶・台湾茶用に作られた茶壺や蓋碗を目にすることは
他ではまずありませんでした

どんなお茶でも
その染付の茶壺や蓋碗で
ガンガン淹れる藤原さんの姿に
とても新鮮な驚きを覚えました
「これが一番おいしくはいるのよ~」
「とっても使いやすいのよ~」と藤原さん
飲んでみると確かに
どのお茶もとってもおいしい~♪
それはまさに藤原マジック☆
な~んだ、朱泥や紫泥でなくてもちゃ~んとおいしく淹れられるじゃない~♪
(もちろんそれは豊増作品の完成度ゆえ、なのですけどね)
今までの意味のないこだわりみたいなものが
しゅ~っと消えていき
どんどん世界が広がりはじめました

染付オリジナル豊増茶壺には
自分の名前を入れてもらうように
注文するお客様もいらっしゃいました
私が持ち帰ったのは写真の白無地タイプの茶壺
(数年後縁があって「福」文字入りもゲットしました~☆)
繊細でとっても上品だけれども
気取らないかわいらしさと親しみやすさがあって
なおかつ独創的なその姿
そして何といっても
中国茶を淹れるためにとても使いやすく作られていること
お茶がおいしく淹れられること
日本の陶芸家に
こういう茶壺を作る人がいるということに
とても感動しました


c0198781_20544644.jpg

豊増さんの茶托に
最初に出会ったのも蘭亭です
うつわの可能性
すべてのはじまりはここからでした~☆

                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-11-19 03:30 | 茶旅 | Trackback | Comments(0)

もふもふ時間

c0198781_17274682.jpg

春夏秋冬
天気のいい日の
津軽の夕焼け時間は落ち着かない


c0198781_17281896.jpg

どこにいても
何をしていても
今日の夕陽が気になるから
秋の終わりは
もふもふしたススキたちが
金色に輝いて
たまらないから


c0198781_17284747.jpg

こんな夕陽を浴びた日は
もうそれだけで最高な気分~☆


                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-11-17 17:41 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

思い出の四姉妹@蘭亭

c0198781_20374473.jpg

学芸大学駅名店街時代の『蘭亭』は
藤原さんの気さくな雰囲気とオープンなお店の作りから
「気軽な街のお茶屋さん」として
特に中国茶という認識はなくても
おいしいお茶を求めるお客さんたちに親しまれていましたが
藤原さん厳選の貴重な茶葉に
中国茶好きが集まらないわけがありません
中国茶好きならば皆
ここが気軽な
そして特別な中国茶専門店だということを
知っていたと思います
もちろん
藤原さんがただモノではないってことも

お店のわずかなスペースに並んでいた茶器にも
『蘭亭』の特別感がありました
そこに見つけたのは陶作坊の茶壺だったのです
同じ形の朱泥と紫泥がちょこんと並ぶ姿にひとめぼれ
どちらかひとつに決められず
思い切って両方持ち帰ることに
その後台湾を訪れるたび
白をひとつ、黒をひとつの出会いがあり
何年か越しでめでたく4種揃えることができました

色違いのかわいい四姉妹は
お茶会でもとても人気があります
こちらのふたつは蘭亭さんで、これとこれは台湾で
と、説明しながら当時のことを思い出してはニンマリしていました
思い出の四姉妹
これからもこの茶壺でお茶を淹れるたび
藤原さんのことを思いながら
ニンマリしたいなぁと思います
感謝の気持ちを込めて

                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-11-16 22:22 | 茶旅 | Trackback | Comments(0)

スーパームーンとオムライス

c0198781_11094042.jpg

スーパームーンの二日前
青空広がるぽかぽか陽気に
今のうちに走っとかなきゃ!っとドライブ
行先は週明けから冬季休業に入る西目屋のカフェルーラルへ
美しい山々を眺めながら
ありつけた満月オムライス!
ああ~やっぱり格別~☆
春までしばらく我慢かと思うと
もう一皿食べたくなったけれど
レアチーズとチャイをいただいて
今シーズンの締めとしました


c0198781_11100363.jpg

帰り道
まだ4時前だけどいい感じの夕焼けタイム
先日の雪はすっかり融けて


c0198781_11102008.jpg

そういえば
奥に見える八甲田は白くない
父の命日の頃にはすっかり白い八甲田だったはずだけどな~

少し上空には
うっすらと月が昇ったところでした


c0198781_11103719.jpg

二日前のスーパームーン
こんなに大きい
冬ごもり前
しばし優しい風に吹かれて

                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-11-15 11:41 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

はじめての東方美人

c0198781_17322645.jpg

中国茶専門店『蘭亭』は
東横線学芸大学駅高架下の名店街(当時)の一角にありました
通路を挟んで向かい側には八百屋さん
毎日のお買い物に
地元のお客さんが気軽に立ち寄り
「いつものあれ、帰りに寄るからお願いね~」なんて
ガブ飲みウーロンのお取り置きのお客さんや
「今日はちょっと風邪気味だからあったまるお茶がいいわぁ」なんて
藤原さんが作るオリジナルブレンド茶を
体調や気分にあわせて選んでいくお客さん
つられて覗くと棚の上には
多種多様な小分けパックの蘭亭ブレンド茶たち
蘭亭へ来る楽しみのひとつでした


c0198781_17314118.jpg

お店に並ぶお茶の種類と
「中国茶専門店」という看板以外は
ごく普通の街のお茶屋さん的な風情が
とても藤原さんらしいなぁと
今思い起こしてみるとつくづく感じます
いや
というよりも
とても貴重な良質な中国茶を扱う専門店でありながら
知識のある人もない人も隔たりなく
誰もが普通にただ「お茶」とか「飲み物」というくくりで
出入りすることができる
珍しい存在のお店だったと思います
そうたぶん
毎日のようにお店の前を通るお客さんたちは
蘭亭が「中国茶専門店」だということに
気づいていなかったのではないかな~とさえ思えます
まぁ、そんなことよりも
藤原さんのところへ来ればおいしいお茶がある
それだけで充分ということ
これぞ究極のお茶屋さんの姿かも
それが藤原さんの蘭亭なのです


c0198781_17341842.jpg

今から十数年前
中国茶の勉強を始めて間もなくの頃から
蘭亭通いが始まりました
日常のおいしいお茶や
藤原さんのブレンド茶だけでなく
蘭亭には
ここにしかない貴重なお茶があること
そして何よりも
藤原さんがただモノではないことに
気づいてしまったから

藤原さんが淹れるお茶の味わい
藤原さんが感じるお茶の味わい
そして
衝撃的な東方美人との出会い
グリニッシュシャンピンの存在等々
蘭亭のお茶を通して
藤原さんを通して
お茶を淹れるということに対する思いが形作られ
私なりの「お茶の道」が開けていったのです


c0198781_17330268.jpg

藤原さん手書きのお茶名タイトルたち
永久保存です
                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-11-14 09:31 | 茶旅 | Trackback | Comments(0)

雪の降る道を

c0198781_16303293.jpg

台湾と東京から遊びに来てくれたお茶友たちを見送った翌日
明日の天気予報は雪雪雪
子供の頃はうれしかった雪マーク
今では反対の気持ちになりますね
まだ何にも準備してないし~
そんなに急いで降らなくてもいいのになぁ~


c0198781_16305056.jpg

一夜明けると
天気予報通りの雪降る津軽
タイヤ交換へ向かう車をちょっと停めて
ひと呼吸
気を引き締めて運転開始


c0198781_16310934.jpg

お昼過ぎには真っ白の世界
正面から降り続く雪に
太陽の光も視界もさえぎられ
この段階で
もうギブアップしたい雪国初心者(何年たっても。。。)


c0198781_16313895.jpg

昨日までの紅葉が
一斉に綿帽子被りました
こうやって
見ているだけならいいんだけどね~☆

帰り道
車にたっぷり積もった雪を見て
忘れ物に気づきました
雪道運転に必要なモロモロの道具たち
すっかり積み忘れていました
とほほ

                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-11-10 16:48 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

永遠の東方美人

c0198781_11172094.jpg

毎年9月から10月にかけては
私の中では東方美人シーズンです
蘭亭の藤原さんから届く
東方美人とグリニッシュシャンピン
夏に出来上がった新茶を
少しの間落ち着かせてから
やっと封を切ることができる
待ちに待った季節です
お茶会や講座で
その年の東方美人の
この時期だけの味わいを愉しむ
それがもう何年もの間恒例となっていました

今年も藤原さんから
東方美人とグリニッシュシャンピンが届きました
9月のお茶会や講座で茶譜の中心となって
津軽の皆様に楽しんでいただいていました
いつもお茶名をご紹介するときには
「蘭亭さんの」東方美人です
という言い方をしているので
蘭亭さんの名前は
津軽のお茶好きさんたちの間でも
すっかりおなじみになっていると思います

10月5日
お茶友から電話で知らせを受けた時も
ちょうどLivingのお客様に
蘭亭さんの東方美人をお淹れしていました

c0198781_14473049.gif
突然のことに頭の中は真っ白
その後の大きな大きな喪失感
何もできないまま一ヶ月経ちました
蘭亭ホームページにはメッセージが残されていました

『『蘭亭』 中国茶 Lan-Ting』は亭主急逝のため閉亭いたします。
長い間のご愛顧に感謝いたします。誠にありがとうございました。


c0198781_14484389.jpg

今の私にできることは
ここに「蘭亭の藤原さん」の記録を残すこと
ひとつひとつ思い起こして
書いていきたいと思います

100歳をとうに超えても
朗らかにおいしいお茶を淹れ続けている
そんなイメージの藤原さんが
頭の中でぐるぐるぐるぐる。。。

                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-11-04 22:55 | 茶旅 | Trackback | Comments(2)

金ちゃんと山ちゃんへ

c0198781_12115924.jpg

全国伝統こけし工人フェスが終わり
次の土曜日からはもう
新たな企画展「秋の味覚なこけし雑貨展」が始まっている津軽こけし館です
中国茶カフェの屋外テント営業期間もあとわずか
紅葉ピークの山々を眺めながら
寒さに凍えながらも
今しばらく外の空気を愉しみたいと思います

c0198781_12124630.jpg

工人フェスで出会ったこけ女ねえさまジュリエッタさんから
思いがけないプレゼントが届けられていました
日曜日お会いできなくて心配していたら
数日後に来られたそうで
無事荷物を引き取られてよかったよかった
わざわざこんなかわいいおみやげを私にまで
ありがとうございます
またお会いできる日を楽しみにしています☆


c0198781_12160560.jpg

うれしい出会いや再会もあった秋のこけし館ですが
突然の悲しいお別れからちょうど一年
金ちゃんのこけしを連れて中国茶カフェ開店です
お客様たちと金ちゃんの思い出話をあれこれと
さみしいし悲しいし
だけど話しているうちにやっぱりニヤニヤと笑えてくる
それが金ちゃん 
津軽系 阿保金光工人

c0198781_02331429.jpg

昨年春こけし館外テントで
中国茶のテイクアウトカフェをスタートしてから
何かと遭遇率の高かった金ちゃん
タバコ休憩&缶コーヒー休憩&コンビニ買い出し&お昼のカップラーメン休憩
などのたびに外に出てきて(よくわからない言葉で)話しかけてくる金ちゃん
たくさんのおしゃべり(?)は思い出すと笑えてくるし
缶コーヒー好きの金ちゃんは中国茶に興味は示さなかったけれど
昨年の工人フェス初日
指を怪我して外に出てきた金ちゃんに
バンドエイド貼ってあげたら
そのあとで烏龍茶一杯買ってくれたんだよね
あら、そんなことで気使ってくれなくてもいいのに~ってちょっと驚いたけれど
それより怪我するなんて緊張でもしてるの?と気になったっけ
今思うとなんだか調子わるかったのかな
それが私の中で最後の金ちゃんの姿でした

そしてこの秋
金ちゃんと言えば山ちゃん
金ちゃんファンクラブ会長的こけし男子の山崎さんが
天国へ旅立たれました
しばらくお会いできない日が続き
心配していたところへまさかの悲しいお知らせが。。。
冬の間に数回はカフェにお立ち寄りくださって
単ソウ煮茶梅お湯割りを
「本当においしい!」とわざわざ戻ってきて伝えてくださった姿に
とても元気づけられました
昨年末の金ちゃん追悼展でのコレクションもすばらしかった!
お山の忘年会でご一緒できたことも
楽しかったなぁ
今頃は金ちゃんと一緒にこけし話で盛り上がっているかな

写真は昨年10月工人フェス前の金ちゃん@津軽こけし館
真剣に作業する姿を撮りに行ったのに
ずーっとなにやら話しかけてくるわ
視線もあっちゃこっちゃへの金ちゃん
やっと撮った一枚だけど
思い出すとやっぱりニヤニヤしちゃう金ちゃんなのです
これからも金ちゃんこけしを見るたびに
そんな金ちゃんや山ちゃんを思い出しては
やっぱりニヤニヤしちゃうんだろうな~☆
こけしの魅力と楽しみ方を教えてくれて 
ありがとう!
金ちゃん山ちゃん!

                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-10-30 01:36 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

紅葉の城ヶ倉大橋2016.10.18

c0198781_14173384.jpg

津軽平野から八甲田へ
上るにつれて
だんだん雲が多くなって気温も急降下
だからこその紅葉の鮮やかさ
ここからのブナの森の眺めは大好きです~☆
車も人もいっぱい
やっぱり中国語があちこちから聞こえますね
津軽の秋を楽しんでくださいませね☆

この日はもう少し先まで初ドライブしてきましたが
昨日から積雪で通行止めに~☆
短い秋のひとときでした

                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved
 にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-10-21 00:13 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)