タグ:藤田記念庭園 ( 240 ) タグの人気記事

7月の庭園茶会のお知らせ

c0198781_9319100.jpg
~茶室de中国茶会in藤田記念庭園 Vol.3~
新緑に囲まれた6月の庭園風景
茶屋を囲む緑がひと月後にはどんな風に変化しているのか
毎月楽しみに訪れています
同じ場所でも毎回違う印象
あらたな感覚で茶席を創りお茶を淹れます
するとまたひとつ
新しい事を思いついたり発見したり☆

自然に囲まれた夏の茶席でお待ちしております

■日 時
7月7日(火)  一部 10:30~12:00
          二部 12:30~14:00
          三部 14:30~16:00

■場 所
青森県弘前市大字上白銀町8-1
藤田記念庭園 茶屋 松風亭

■茶 席 料
お一人様 3000円 (完全予約制)

■お申込み・お問合せ
お名前、ご参加人数、ご希望の部、連絡先電話番号を明記の上
下記までメールをお願いします
折り返し詳細をご連絡いたします
tea_wave176@excite.co.jp

■畳のお部屋でのお茶会ですが、お足はくずしていただいても全くかまいません
椅子のお席もご用意しております
どうぞよろしくお願いします

Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-06-12 23:01 | お茶会のお知らせ | Trackback | Comments(4)

お茶会、のち筋肉痛

c0198781_13324580.jpg
今回も雨続きの津軽でした
雨もまたよし、ではありますが
まだウールが恋しくなるような冷え込みは、なかなかつらいです
そのわりに街行く人の服装は東京とさほど変わらないTシャツ姿だったりして
もしかして私だけ寒がりかもです~

茶室de中国茶会in藤田記念庭園の日は
幸いにもお陽様が登場してくれた時間もあり
庭の新緑を楽しみながらのお茶会となりました
届いたばかりの今年の東方美人茶を
「いにしえの東方美人」席でお淹れしながら
エピソードなどもお話したり
お茶請けには待望の岬屋さんの水羊羹☆
やんわりやさしい甘さと
濃厚なのにさっぱりとしたあと味はさすがです
津軽にもおいしいものはたくさんあると思いますが
まだ新参者の私としては
まずは東京のおいしいものをせっせとご紹介しつつ
どうぞよろしくという気持ちでございます

お越しくださったお客様方、どうもありがとうございました
是非また次回お待ちしております

そして今回もたくさんの方々にお世話になりました
早く一人で動き回れるようなんとかいたしますので
今しばらくご協力お願いいたします~

それからいつも快くお願いを聞いてくださり
スムーズな進行にご協力くださる
藤田記念庭園のご担当者さまとスタッフの方々には
本当に感謝です!
今後とも宜しくお願いします

今回はお茶会バージョンとカルチャー講座バージョンで
荷物の量はさらに増えました
どうしても手荷物として持ち帰らねばならないものは
大きなスーツケースでゴロゴロ
家まであと少しの渋谷が最大の難所です
階段3階分担ぐのはかなりキツイです
どうにかしてください!給付金よりバリアフリーです!
そしてしばらく続く筋肉痛の日々。。。あああ

Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-06-10 23:22 | 津軽通信 | Trackback | Comments(4)

庭園茶会へいらっしゃいませんか~☆

c0198781_1855187.jpg
~茶室de中国茶会in藤田記念庭園 Vol.2~
第一回目の庭園茶会は地元新聞社の東奥日報社より取材をうけ
茶席の写真と合わせて紙面にてご紹介いただきました
中国茶って?
茶室で中国茶会って?
言葉では説明しきれない様々なことを
この藤田記念庭園の茶室でお伝えしていきたいと思っています
季節ごとの風景と色々な味わいのお茶と自由なスタイルのお茶席を
どうぞお気軽に愉しみにいらっしゃいませ~☆

■日 時
6月7日(日)  一部 10:30~12:00
          二部 12:30~14:00
          三部 14:30~16:00

■場 所
青森県弘前市大字上白銀町8-1
藤田記念庭園 茶屋 松風亭

■茶 席 料
お一人様 3000円 (完全予約制)

■お申込み・お問合せ
お名前、ご参加人数、ご希望の部、連絡先電話番号を明記の上
下記までメールをお願いします
折り返し詳細をご連絡いたします
tea_wave176@excite.co.jp

■畳のお部屋でのお茶会ですが、お足はくずしていただいても全くかまいません
今回より椅子のお席もご用意いたします
どうぞよろしくお願いします

Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-05-24 07:53 | お茶会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

茶室de中国茶会in藤田記念庭園

c0198781_11472130.jpg
雨が続いた東京から雨雲も引き連れて行ってしまったような
しかも気温もぐっと下がった週末の津軽
真夏日のニュースをテレビで見ながら暖房のきいた部屋でセーター着てました~
天気がよければ縁側に茶席をつくってもいいかも~などと考えながら
持ち込んだ茶道具類はいつもの何倍にもなりました
今回のお茶会ではお茶を淹れるのは私一人
このゆったりとした贅沢な茶屋一軒分をめいっぱい楽しんでいただきたくて
茶室と広間に3つの茶席を用意しました

まずは「雪国」のイメージに設えた茶室へ
はじめてこの藤田庭園を訪れた時の雪に囲まれたイメージ
白い世界はあたらしいスタートの気分です
明前龍井を白い天目茶碗でお淹れしました
しっとりとした茶室の空間に広がるさわやかな新茶の香り
お湯を注ぐとその香りに目覚めたかのように
鶯が鳴き始めてくれました

次の茶席は広々とした庭を眺められる広間へ
「日本の古いもの」をテーマに
気分はすっかり我が屋敷、我が庭へようこそ~てな感じです
阿里山烏龍茶を聞香杯でじっくり楽しんでいただきました

そして三つ目の茶席は
「手作り」をテーマにしたセッティング
伝統的焙煎の凍頂烏龍茶をお淹れしました

お運びくださった皆様
裏方を支えてくださった皆様
本当にありがとうございました

終わる頃にはすでに今度はここをああやってと
ちがう形が浮かんできました
次回の手配も進行中です
またあたらしい茶席で来月もお迎えいたします
どうぞ宜しくお願いします

Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-05-14 07:40 | 津軽通信 | Trackback | Comments(1)

茶屋 松風亭

c0198781_14121828.jpg
c0198781_14123933.jpg
藤田記念庭園の洋館と和館は高台庭園エリアにあります
そこから少し下った所にはもうひとつ広い庭園があり
茶屋松風亭があります
来月はここでお茶会を開催します
茶室de中国茶会in雪国です
庭の花や緑もまた違った表情を見せてくれることでしょう
楽しみです~☆

Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-04-28 07:11 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

藤田記念庭園 和館

c0198781_17534040.jpg
洋館の向かい側には立派な和館の玄関があります
靴を脱いで和館の中を見学している間
母は庭へまわり縁側に腰掛けていました
この庭(高台庭園)からの岩木山の眺めはすばらしいです
お座敷からも一望できるように設計されています
この景色を独り占めして暮らしていたなんてスゴイなぁと思いますが
今こうやって多くの人とこの景色を共有できることは
ありがたいことですね
弘前公園と同じくこちらの庭園も大変美しく手入れされているのが印象的でした
芝生の上を歩いたり縁側に座ったり
こういった建物では立入り禁止になっていそうなエリアを自由に歩けるのも
とても気持ちよく思いました
c0198781_1754930.jpg
ひときわ目を惹くしだれ桜の大木
樹齢160年だそうです
来年は満開の姿を是非見たいです☆

Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-04-27 18:34 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

藤田記念庭園 洋館

c0198781_21134290.jpg
3月に訪れた時には雪に閉ざされていた藤田記念庭園
4月上旬から今シーズンの公開が始まっていました
門をくぐって左手の洋館には素敵なカフェがあります
光がいっぱいの窓際のテーブル席からは
高台庭園の景色を楽しむことができます
落ち着いた重厚感は時の積み重ねがあってこそだなぁと思っていたら
「昔ここに泊まったことがあるわよ」と母
銀行の社員寮として使われた時期があったそうで
銀行に勤める親戚を訪ねた際
祖父母達とここに一泊させてもらったとのこと
学生時代、体育の授業は弘前城の本丸でうけていたとか
突然出る母のご当地昔話は
ネット検索では得られないおもしろ情報です~☆

Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-04-26 23:07 | 津軽通信 | Trackback | Comments(2)

庭園の茶室

c0198781_1243979.jpg

藤田記念庭園には
喫茶室や会議室のある洋館と立派な和館の他に
貸出施設となっている茶室があります
絶景ポイントの下方に広がる庭園の中の茶室です
今回はこの茶室見学が目的でした
4月11日からの開園を控え準備に忙しい中
案内してくださったのは「樹木医」の方
お城周りの桜やこの庭園の木々の美しさは
こういった専門家の方たちによって守られているのですね
「自然」とかかわる仕事をしている人って本当にすごいなと思います
あれこれ質問したいところを押さえて茶室のチェック
かなり立派です
申し分ありません
桜祭りの時期はすでに予約で一杯でしたので
まずは五月にお借りすることにしました
さてさて、どんなお茶会にしましょうか~☆


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-03-18 07:30 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

絶景ポイント

c0198781_11301514.jpg

街の中心部だけあって
お堀の周りには官公庁や観光関係の施設が集まっています
その界隈を歩きながらドーンと目に入ってくるのが津軽富士岩木山です
なんて贅沢な眺めなんだろう~☆
一番いい場所にお城を作ったんですねぇ~☆
歩きながら目は岩木山に釘付け状態でした

そしてお堀の一角に位置する藤田記念庭園の門をくぐり
庭園の高台に出た瞬間
美しい庭園の木々の向こうに広がる岩木山の姿
ここはまさに絶景ポイント
電線も信号機も車も視界を邪魔することなく
じっくり鑑賞することができる場所です
独り占めさせていただきました☆


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-03-17 11:57 | Trackback | Comments(2)

藤田記念庭園

c0198781_742298.jpg

弘前の街の中心部に構える弘前城
桜の季節に訪れたことも
お堀の中の公園を散策したこともありませんが
それは来月のお楽しみにとっておくことにして
今回はお堀周りをあちこち訪問です

そのうちのひとつがここ藤田記念庭園
冬の間はお休みになっている観光施設が多い雪国
こちらも閉園中ではありますが
貸し出し施設の見学をお願いすると快く案内してくださいました
「長靴を持ってきてください」と電話で言われていたのですが
到着してみてわかりました
街中にはほとんど雪はないのですが
人の出入りがない場所にはこうやってまだまだ残ってるんですねぇ
ザックザックと長靴に履き替えていざ園内へ~


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-03-16 08:01 | 津軽通信 | Trackback | Comments(2)