「ほっ」と。キャンペーン

タグ:煮茶梅 ( 32 ) タグの人気記事

今年も三種類@煮茶梅2016⑨

c0198781_6343261.jpg

今年も煮茶梅は三種類
四季春
東方美人
単そう(mix)
でつくりました
見た目の違いはさほどありませんが
できあがってすぐのタイミングでも
しっかりとお茶の味わいが染み込んでいて
それぞれ風味の違いがよくわかります
シロップと一緒に食べなくても
ほどよい酸味と甘さがいい感じ
えぐみなどはまったくありません
重たい鍋のおかげですね☆
同じ1時間煮ても
火の通り具合の違いで
酸味が強かったり
えぐみが残っていたりと
出来立ての風味に差が出ますが
その場合は
数日~数週間置くことで
おいしくなってきます
期間によりますが冷蔵、冷凍保存がおすすめです

出来立て煮茶梅は夏のお茶会で大活躍
秋から冬には
少し寝かせた風味の変化を楽しみながら
お茶によって季節によって
それぞれのおいしさが違うのも楽しみのひとつです
また来年の梅シーズンまで
感謝感謝~☆

                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved

  にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-07-09 06:56 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

完成しました@煮茶梅2016⑧

c0198781_13251549.jpg

煮茶梅2016いよいよ最終章です
もりもりの泡が消えたら完成間近
最後まで気を抜かずに見守ります
結局ほぼ付きっきりの1時間
これを×〇回繰り返していきます
(今年は昨年までの1.5倍。。。)
大きな鍋で一気に、とか
鍋をいくつもかけて、とか
効率を考えると必要かもしれませんが
今の私には1kgひと鍋ずつがちょうどいい感じなんです
だってだって
一年ぶりのこの作業
ああ~こんな感じだ~と勘を取り戻すまでに数鍋
調子が出てくるまでに数鍋
気づくともう最終鍋
なんて具合なんですもん
食べてみるとどれもおいしいのですけどね☆
しっかりトロリをめざした今年の煮茶梅は
お茶の味わいが染み込んでいて
出来立てからおいしい~☆
そう
1時間煮ることにこだわるのは
できてすぐに食べたいから
数週間、数か月待つのなら
このレシピでなくてもいいけれど
蒸し蒸し暑くなる今の季節に
すぐ食べたい!
梅で元気にリフレッシュしたい!
と考えたレシピなのです
そして
完熟南高梅にこだわるのは
えぐみ渋みが少ないから
梅の種類が違っていたり
煮え具合が足りなかったり
砂糖の分量が少なかったりすると
出来立ては酸っぱかったり渋みが残っていたりするけれど
寝かせることで徐々においしくなるのでご安心を
なんといっても
梅のチカラってすごいです
煮茶梅を作りながら食べながら
自然の恵みに感謝感謝の日々です~☆
                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved

  にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

c0198781_1794179.gif


青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-07-01 13:59 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(2)

泡泡のチカラ@煮茶梅2016⑦

c0198781_1662626.jpg

火にかけてから30分少々で
梅たちはすっかり泡に取り囲まれます
泡が蓋の役割をして
いい感じ~に熱が伝わっていくような
そんな感覚で見守っています
泡は一気にふくらんでくるので
噴きこぼれないように要注意
ここまで膨らんだら
火加減は最弱火にします
このころには
鍋底の氷砂糖はすっかり解けているはずです
その辺もチェックしながら
梅の位置を変えるように
時々木べらで優しく混ぜてあげます
ピークを越えると泡はだんだんなくなってきます
あとはコトコト煮える様子をじっと見守るだけ
だんだんと梅汁や梅に
茶葉の色がつきはじめてきます
ここでホッとしていてはいけません
ここからは煮えすぎに要注意
火加減は最弱火
時間はきっちり1時間
少し火が強かったり
時間をオーバーしたりすると
あっというまにカラメルっぽくなって
せっかくの梅と茶葉の風味が台無しに。。。
ついウトウトして失敗した過去がありまして
夜鍋の間は立ちんぼ仕事にしています
体力気力大事ですね~☆
                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved

  にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

c0198781_1794179.gif


青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-06-30 16:35 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

音と香り@煮茶梅2016⑥

c0198781_12563080.jpg

8年前、勘と感覚だけを頼りにつくりはじめた煮茶梅
最初のひと鍋めを煮るにあたっては
氷砂糖がどっぷりつかる程水を入れて火にかけました
梅仕事の経験もなかったもので
まさかあんなに梅から汁が出るものとは。。。
あふれんばかりにたっぷんたっぷんの梅シロップ
これなら水なしで梅汁だけの方がいいなぁ~と
次回からは水なしでチャレンジすることに
でも、汁が出るまで鍋底が焦げ付かないか心配で
ほんの気持ち程度の、呼び水感覚で少量の水を入れることにしたのです
鍋を覗きこんでも底の状態は見えません
温まってくるとかすかにカリカリという音がしてきます
氷砂糖が溶けているんだなぁ~と想像しながら
見えないながらも見守ります
まぁ、カリカリ音がしている間は
眼を放していても大丈夫でしょう
鍋に顔を近づけると茶葉のいい香りが漂ってきますよ
しばらくするとカリカリ音からジュワジュワ音に変化
鍋の淵の遥か下の方から
プクプク泡が見え隠れしてきます
かき混ぜたくなる気持ちをぐっと抑えて
このまま放置です
ジュワジュワ音が静まって泡泡が梅を取り囲み始めます
茶葉と梅の合わさったいい香りが立ち込めます
すっかり泡が梅を包み込むまでさらに放置
でもここで眼を放したら一瞬で噴きこぼれますので要注意
しっかり見守りましょう
火をつけてからここまでで30分程経過
順調順調~☆
                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved

  にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

c0198781_1794179.gif


青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-06-29 13:40 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

鍋変えました@煮茶梅2016⑤

c0198781_17422977.jpg

今年で9年目を数える煮茶梅づくり
ここ2~3年
仕上がりに差を感じるようになっていました
梅の煮え具合、火の入り方が軽いものとしっかりしたもの
どちらも確かにおいしいのですが
そう
完熟南高梅と氷砂糖とおいしい茶葉の組み合わせで
おいしくないわけがありませんよね
だけどなんだかトロリ加減が違う
お好みでよいのだけれど
私の場合しっかりトロリと仕上げたい
その差はもしや鍋ではないか?
というわけであのずっしり重たい鍋を使って
煮茶梅づくりにチャレンジ~☆
初めて使うもので
最初フタをしてみたら
あらら
噴きこぼれるわ
梅の表面がぱっくりわれちゃうわで。。。
急に熱が入りすぎてしまうのかしら?
崩れがちになってしまいました
これは蓋の必要はないですね
ほかの鍋で作ってきた時と同じ要領でよいようです
火加減も同じく
砂糖が溶けて写真のように泡が沸き起こってくるまでは中火で
そのあとは最弱火で
特に重たい鍋仕様でなくても大丈夫
予想通りのしっかり火の入ったトロリ状態に出来上がりました~☆

                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved

  にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

c0198781_1794179.gif


青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-06-28 18:11 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

鍋に入れる前に@煮茶梅2016④

c0198781_21291280.jpg

煮茶梅づくり続きです
1kgごとに仕分けをしたら
水で洗ってさらしながら
ヘタをとり
竹串か爪楊枝で全体に穴をあけます
数年前までは水にさらす時間を
一晩とか数時間とかにしていましたが
和歌山の決まった梅農家さんから
完熟南高梅を取り寄せるようになってからは
水にさらす時間はほんの少し
ヘタとりから穴あけ作業までの短い時間にしています
出来上がりに差がないように思うからです
ただし
ヘタとりも穴あけも鍋を火にかける直前
つまりひと鍋(1kg)ごとに作業をすすめています
穴をあけたまま何時間も置いておきたくはないからです
あれこれ主観的な「感じ」が多い
オリジナル煮茶梅づくりです
穴をあけたら
鍋に氷砂糖1kg、茶葉30g、梅1kg、の順に入れます
なべ底に水を50ccほど
水の分量は鍋の形状によって変えます
これも「気持ち」ですが
そしていざ中火にかけます
砂糖の種類や分量はいろいろ試した結果
梅と茶葉の風味が一番生きると感じたところに落ち着きました
単なる好みですけどね
茶葉の種類はここ数年同じもの3種に落ち着いています
30gはやや多めと思いますが
煮茶梅ソーダのシロップとして使うときに
茶葉の風味がしっかりほしいので
あえて多めにしています
色々試しながら
好みの味わいを作り上げていきたいと思います
                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved

  にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

c0198781_1794179.gif


青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-06-25 22:12 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

仕分け作業@煮茶梅2016③

c0198781_16191626.jpg

段ボールで届いた南高梅を
ひと鍋分1kgずつに分けていきます
大きさや色づき具合でまとめてみた時もありましたが
今年は全体的に小さめで粒がそろっていたので
選別はザックリと
それにしても昨年までの1.5倍の量
いい感じに色づいた眺めは壮観ですね☆
いい香りに元気をもらって
2016年煮茶梅1号2号スタートです
翌日も早朝から一日外出予定あり
夜のうちに少しでも進めておかなくてはと
寝ずの番で鍋を見守ります~☆
                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved

  にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

c0198781_1794179.gif


青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-06-22 16:50 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(2)

用意万端整えて@煮茶梅2016②

c0198781_17342162.jpg

煮茶梅づくりには和歌山の完熟南高梅を使っています
津軽のスーパーでも見かけることはありますが
良質のものを確実にたくさん欲しい
というわけで
和歌山の梅農家さんから直接取り寄せています
春先に予約したらあとは発送メールを待つのみ
「明日発送します」とメールをいただいたのが水曜日
中一日で土曜日着
それまでに氷砂糖、シロップ保存用の瓶、梅保存用の容器などを用意
今年は増量したので買いに走りました
土曜夜帰宅するとクール便で段ボール二個
早く箱から出してあげなくちゃ!
ひとつひとつ確認しながら
ひと鍋1kgごとに分けていきます
部屋中に広がる甘~い香り☆
早く煮てあげなくちゃ!
煮始めるまでにも結構な手間と時間がかかります
今年もやっぱり
焦る気持ちではじまった夜鍋の梅仕事です
                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved

  にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

c0198781_1794179.gif


青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-06-21 18:02 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

煮茶梅だより2016①

c0198781_552212.jpg

和歌山の梅農家さんから
完熟南高梅発送しました~のお知らせが届きました
予想通り昨年よりもさらに早い到着予定日
そして
イベント連なる最中の到着というのも
予想通りというか予定通り。。。
本日帰宅後より夜鍋仕事スタートとなるでしょう~☆
今年も無事に収穫された
ピチピチの完熟梅ちゃんたちを楽しみに待ちながら
津軽の地まで届く幸せに感謝!
昨年から始めたイベント会場での中国茶カフェでは
なんといっても煮茶梅ソーダが一番人気!
冬の間はお湯割りも人気!
てなわけで
調子に乗って1.5倍注文を増やしてしまい。。。
違う意味でドキドキしたりもしていますが

本日もこけし館にて中国茶カフェ営業にいってきま~す☆

                                 Copyright (C) 2006-2016 Tea Wave All Rights Reserved

  にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

c0198781_1794179.gif


青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2016-06-18 06:16 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

煮茶梅2015

c0198781_7472148.jpg

和歌山の梅農家さんからの「梅発送しました」メール
その二日後に現物が届く
昨年よりも早いタイミングは予想していたけれど
慌てて氷砂糖を買い出しに~
仕訳を終えて煮始めると
一気にいけると思ったけれど
さすがに寝ずの番は。。。
ふた鍋ほど
煮すぎてしまいました。。。あああ
今年は自宅用がたっぷりできました。。。
そして10kg仕上げた翌日は
朝から地元の梅収穫へ!
今年は青梅に再挑戦!!!
いろいろ試してみようと思います
えいえいおー☆
                                 Copyright (C) 2006-2015 Tea Wave All Rights Reserved

  にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
中国茶・台湾茶ブログランキング ←ぽちぽちっとお願いします~☆

c0198781_1794179.gif


青森ブログランキングへ
[PR]

by tea_wave176 | 2015-06-26 08:03 | 津軽通信 | Trackback | Comments(2)