タグ:津軽通信 ( 381 ) タグの人気記事

清水森の工房庫へ①

c0198781_23191924.jpg
いいお天気に恵まれた津軽の一日
はじめての場所へ地図を片手にテクテク
強い陽射しにも暑さを感じない程
涼しく爽やかな風が吹き
カッコーの声が響きわたる林檎畑の中の道
初夏と言うにはまだ早いかな~
これが津軽の春なのね~
c0198781_23195892.jpg
お目当ての場所はここ
3月の茶席展でもお世話になった
木好房DAIROKUさんの展示会
「2012 -DAIROKU清水森工房庫より-」が開催されています
一年ぶりの工房庫での展示会
昨年は見逃してしまった展示会を
と~っても楽しみに出掛けてきました~☆
c0198781_23204462.jpg
高原の別荘にでも来たみたいな雰囲気~☆
緑の中に木の作品たちが生き生きして見えますね
c0198781_2321980.jpg
こちらは年代物の作品です
今の作品とは少し感じが違っていて
これもとってもいいわね~って
他のお客様たちと並んで腰掛けておしゃべりして
そんな雰囲気もとっても楽しくて
c0198781_2321341.jpg
古い林檎倉庫だった建物をそのままに
展示会場として使っています
この雰囲気がとってもいいんです~☆
会場も作品もどちらもとっても素敵!
c0198781_23221035.jpg
山々の眺めと林檎畑
草の上に置かれた椅子たち
射し込む光の角度
高い天井と広々とした展示室
古い倉庫の木とコンクリート
そのすべてがとってもスペシャル
c0198781_2324354.jpg
ず~っとここに座っていたくなりますよ

2012 -DAIROKU清水森工房庫より-
【日時】 2012 5/30(水)~6/6(水) 
      10:00~18:00
【場所】 DAIROKU清水森工房庫
      住所:弘前市清水森下河原19-8 
      TEL: 080-5517-6881

展示会の様子はブログ「木と共に暮らす」にて連日紹介されています~☆

つづく

人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-05-31 23:55 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

田んぼプール

c0198781_001724.jpg
田んぼに水が入って
田植えがはじまるまでのひととき
独り占めしてスーイースイっと~

人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-05-19 00:02 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

大川原の一本桜

c0198781_1122552.jpg
米ちゃんトレッキングで訪れた大川原お山のおもしえ学校
満開のさくらがお出迎えしてくれました~☆
c0198781_112947.jpg
車だとうちから30分弱の場所なのに
まだこんなに美しく咲いているんですねぇ
枝振りがとてもかっこいい「一本桜」
勝手に名前つけちゃいました~☆
c0198781_1124180.jpg
トレッキングあとのお楽しみは
校長先生の手打ちそばと山菜料理の給食&温泉が定番だけど
さらにこの春あたらしいお楽しみが加わりましたよ
山野草たちのいる温室の入り口に
米ちゃん喫茶「空木」がオープンしました~☆
c0198781_1125632.jpg
リゾート気分で昼下がりのひとときを過ごせちゃいますよ~☆
もう少し暖かくなれば
水着でデッキチェアーに寝転がって
読書しながら米ちゃん特製ガマズミジュース~
なんてコースいいかも~☆
水着で寝転がるのは、想像上の人物ですけどね
あはは
わに子さんのブログでさらに妄想膨らみますよ~♪
c0198781_11123719.jpg
給食でいただいたオオイタドリが
河原で元気に育ってました
ああ~おいしかった~!楽しかった~!
人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-05-18 11:44 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

米ちゃんトレッキング カタクリの小径で見上げてみよう~☆

c0198781_1122988.jpg
カタクリのシーズンが短いということは
この陽射しがすき透る木々の様子が見れるのも今だけだわ!
と、カタクリを見ては上を見上げ~を繰り返し
c0198781_1124766.jpg
光に透けた若葉の美しさよ!
c0198781_113868.jpg
青空のありがたさよ!
c0198781_1132984.jpg
若葉の姿のういういしさよ!
c0198781_1134331.jpg
木の芽の美しさよ!
c0198781_113576.jpg
鳥のさえずりの楽しさよ!
山野草の名前
木々の名前
鳥の名前も
もっともっと覚えたくなりました~☆

人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-05-17 01:31 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

米ちゃんトレッキング2012 はじまりました~☆

c0198781_22453841.jpg
待ちに待ったシーズン到来です!
今年度最初の米ちゃんトレッキング初級コース「カタクリの小径」へ
補助椅子まで満席のバスの中では
米ちゃんバスガイドの名調子に
リピーターの皆さんからも初めての皆さんからも
笑い声が響きます~☆
そうそう、この雰囲気♪
c0198781_2246577.jpg
「雷山」と書いて「いかづちやま」
前日の冷たい雨が嘘のようないいお天気!
いや、前日あれだけ気温が下がったから
今日は岩木山もくっきりなのかも~
そう思うとすべてに感謝したくなります

まずは、みんなで「ヤッホー」
そして準備体操をしてから歩き始めます
c0198781_22463543.jpg
数歩進んで
「は~い、みなさ~ん!これがお山のブロッコリーですよ~」
c0198781_224792.jpg
追っかけてパチリ
c0198781_22475076.jpg
新芽が出始めたばかりのブナの林に
たっぷり降り注ぐ太陽
カタクリが地上に姿を現し花を咲かせるのは
木々の葉が茂る前
この陽射しが地面まで届く短い間だけなのです
c0198781_22481978.jpg
コースからはみ出さないように細心の注意を払って一列で進みます
ここに生きるすべてのものの邪魔にならないように

すいませ~ん、ちょっとだけ見せて下さいな~

海の中に入る時と同じ感覚
そして信頼できるガイドさんと一緒でなくちゃ~というところも
海の中と一緒だわ~なんて、今頃気付いたりして
c0198781_224844100.jpg
この広い紫の絨毯は
ボランティアの方々によるお手入れあってのことだそうです
人間の力と自然がうま~く共存してこそのカタクリの小径です
c0198781_22491571.jpg
ひとり静かちゃんにキクザキイチゲちゃん
ヒメギフチョウにも会えました
c0198781_2249437.jpg
この春からおもしえ学校に赴任した馬場先生もガイドに加わって
コースメニューが増えた米ちゃんトレッキング2012
早く予約しなくっちゃ~☆

人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-05-17 00:22 | 津軽通信 | Trackback | Comments(4)

淺井裕介個展@ACAC ⑦

描き続けることで、何を見たのか
それを、どうやって、伝えようか
今日も八百万というあってないような数の物語が
空間を満たしていきます
                         (ACAC HPより)
c0198781_127287.jpg
展示室の壁に描かれた泥絵の全体像(の一部)です
フラッシュ・三脚を用いない写真撮影はOKということで
作品を観ることと写真を撮ることを
たっぷり堪能させてもらいました
この広い展示室の中を何度も何度も
あっちからこっちから歩き回っては立ち止まり立ちつくし。。。
実際この写真だけでは広さはわかりにくいかもしれませんね~
c0198781_1293519.jpg
そうやって私目線で勝手に切り取った写真の一部を
淺井裕介個展@ACAC ⑥にアップしたわけですが
この大きな物語は
見るたびに毎回違うように見えてくるのです
まるで生きて動いているような
c0198781_1295580.jpg
だから、是非ご自分の目で実物を観て欲しいと思います
c0198781_130199.jpg
最終日の6月24日
この絵を消すことで個展はフィナーレを迎えます
「どうして消してしまうんですか~!」
会場に入るなり係の方に訴えてしまいましたが
絵を消すことについての淺井氏の考えがちゃんと書いてありました
とても納得しました
c0198781_1304137.jpg
青森の土を集めるところから
制作の様子、ワークショップなどを映像で見たり
制作中にACACを訪れたり
作品が描かれていく時間の流れを
勝手に共有しながら楽しませてもらっています
そう、今も楽しんでいます
壁の絵はなくなっても消せないものをもらいましたよ

とても自然でとても自由
美しい青森の土の中で
おいしいお茶を淹れたいな~と思いました
感謝!

人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-05-16 02:19 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

淺井裕介個展@ACAC ⑥

お待たせしました
泥絵です
一気にどうぞ
c0198781_23455744.jpg
c0198781_23461630.jpg
c0198781_23465351.jpg
c0198781_2348823.jpg
c0198781_23483499.jpg
c0198781_23485294.jpg
c0198781_234981.jpg
c0198781_23493465.jpg
c0198781_23495884.jpg
c0198781_23502916.jpg
c0198781_23504533.jpg
「泥絵」
制作する地で採取した土と水を用いて描く作品で
壁や天井に直接描くこともあれば
キャンバスやパネルに描くこともあります
土は水ととても相性がいいので
水を含んだスポンジでこすると簡単に剥がれます
幾何学模様のきれいな白い余白や装飾部分は泥を拭き取って描いたものです
筆だけでなく、指や手、綿棒や刷毛と
様々な描画手法を駆使して作品は出来上がっていきます

☆今回の個展では、フラッシュ・三脚を用いない写真撮影は許可されています


人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-05-16 00:03 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

淺井裕介個展@ACAC ⑤

さて、いよいよ泥絵です!

「青森の土」というキーワードに惹きつけられました

それは、昨年出会った小山陽久さんの茶壺
津軽の土が、お茶を、お水を、おいしくしてくれることを知ってから
とてもいとおしく、ありがたく感じているものだからです

淺井裕介さんは、この土を使ってどんな世界を描くのだろう
泥絵制作過程の映像もとてもおもしろく~♪
そうやって集められた土たちをご紹介しましょう
c0198781_1034595.jpg
c0198781_104429.jpg
c0198781_1042479.jpg
c0198781_104425.jpg
c0198781_105461.jpg
c0198781_105012.jpg
c0198781_1063431.jpg
c0198781_1065374.jpg
c0198781_1071059.jpg
本当にどれも美しいです
c0198781_1072558.jpg
この土に雪解け水が加わって
物語がはじまります
c0198781_1074294.jpg

☆今回の個展では、フラッシュ・三脚を用いない写真撮影は許可されています

人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-05-15 10:27 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

淺井裕介個展@ACAC ④

c0198781_2361566.jpg
展示室の中央付近にセッティングされたアトリエ

4月初旬から1ヶ月間青森に滞在し
国際芸術センター青森周辺、浅虫温泉、夏泊半島など
青森各地で採取した土を主に用い
2月にインドで描き上げた「八百万の物語」という同名の作品を解体再構成し
それを継承するかたちで全く新しい作品をこの地に描きます
ここにはひとつの大きな物語ではなく
無数の小さな八百万の物語が存在します
本展は、淺井のこれまでの活動を総括するように
その多彩な作品を公開します

メイン会場となるACACギャラリーは
会期中淺井のアトリエとしても機能します
展覧会では絵を鑑賞するだけでなく
画家のアトリエを訪問するように絵が描かれる現場をご体験ください
                            (ACAC HPより)
c0198781_2363499.jpg
c0198781_2365045.jpg
c0198781_237118.jpg
この「アトリエ」での製作活動、ワークショップの様子は
動画でも紹介されています
小麦粉窓絵
マスキングプラント
植物になった白線
泥絵
c0198781_2375755.jpg
そして展示室の一番奥の部屋では
泥絵が描かれていく記録映像が放映されています
展示室の真っ白な壁の
どこからこの壮大な絵物語が始まったのかを
じっくりと見ることができます~☆

☆今回の個展では、フラッシュ・三脚を用いない写真撮影は許可されています


人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-05-14 23:28 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

淺井裕介個展@ACAC ③

c0198781_21331314.jpg
c0198781_21333124.jpg
c0198781_21334748.jpg
「植物になった白線」

道路の横断歩道や
「止まれ」の印などに用いられるのと同様の
白線素材(クイックシート)を用いた作品です

シート状になった白線素材を
その場所を利用する人々と一緒に
植物のかたちに切り出し
そのパーツを
淺井氏が路上などに丁寧に並べて構成し
最後にバーナーで焼き付けて完成させます
c0198781_2134480.jpg
展示室の外にも作品を発見しました
c0198781_21342363.jpg
この作品だけは
個展が終わっても
この風景の中に生き続けるのかな~☆

☆今回の個展では、フラッシュ・三脚を用いない写真撮影は許可されています


人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-05-14 21:51 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)