春を待つ冬茶の味わい

c0198781_949274.jpg

~3月の仙川茶館&瀬田茶館のお知らせ~
まだまだ気温の低い日が続いていても
陽射しの柔らかさに春の気配が感じられるようになってきました
寒い冬があってこそ、春を待つ気持ちは膨らむものです
そんな春待ち気分のお茶会はいかがですか?
季節ごとのお茶が楽しめる台湾から
とっておきの冬茶をご紹介します
冬茶ならではの深みとコクをじっくりと味わいながら
茶館で過ごすひとときをご一緒しませんか

■日程&会場 
3月16日(月)仙川駅前ハウジングステージ→MAP
3月19日(木)ハウジングプラザ瀬田→MAP
各ミサワホーム展示場内
■時 間  午前の部 11:00~12:30 
        午後の部 14:00~15:30
■定 員  各部4名
※最少催行人数2名 人数が満たない場合中止させていただきます。
※先着順とし、開催日1週間前で申込受付を締め切ります。
■費 用  2,000円
※講師に直接お支払いいただきますので、お申込後お振込みいただく口座をご案内します。

レギュラー講座、基礎からマスターできる中国茶実践講座も開講中です。
入門編は随時受け付けておりますので、別途お問合せ下さい。
グループレッスン、グループ茶会なども開催可能です。

お問合せ・お申込みは
ミサワホーム東京株式会社 世田谷支店
フリーコール:0120-330-999/FAX:03-5450-3570(担当:松丸)
http://tokyo.misawa.co.jp/br_setagaya/2009/02/post_208.html



Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

# by tea_wave176 | 2009-02-25 23:55 | お茶会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

さまざまなもてなしに、茶心

c0198781_2143081.jpg

NPO法人「現代喫茶人の会」主催のシンポジウムに参加してきました
今年のテーマは「さまざまなもてなしに、茶心」~もてなしの基礎~

   「ちょっとお茶でもいかがですか…」
   そんな何気ないもてなしには、何が必要でしょうか?
   お客様をお呼びできる客間があればいいのでしょうか。
   立派で豪華な茶器やお菓子が欠かせないのでしょうか。
   何かが足りない。そう思いませんか。
   もてなしのヒントに「茶心」をいかがでしょうか。

茶道、煎茶道、紅茶、中国茶などの垣根を越えて
日本人ならではの、日本人だからこそのお茶文化、お茶の心について
様々な角度から提議している現代喫茶人の会ですが
昨年に続き、今年もそのテーマは私の心にぴったりとリンクしていました

ニュースステーションコメンテイターも務めた
朝日新聞石巻支局長高成田亨氏による講演「茶心忘るべからず」では
静岡支局勤務時代のお茶との出会いから当時の茶業試験場長とのエピソード
海外での要人インタビューなどでのお茶にまつわるお話など
とっても「ブンヤ」ちっくな内容にミーハー気分で聴き入りながらも
あちこちにリンクするキーワードを発見☆
「カラダが無意識に飲んでいるお茶、気が付くとおかわりしているお茶、
カラダが欲しているお茶が良いお茶だ」
30年以上前のお茶の専門家がこのように語っていたとはオドロキでした

手作りクッキーとパウンドケーキをいただきながらのティータイムでは
お茶もお菓子も本当においしくて、たっぷりおかわりまでいただいてしまい…
(ディンブラ本当においしかったです!)

待望の角山榮先生と高成田氏の対談では、たっぷりと角山節を堪能することができ
大変有意義な時間を過ごさせていただきました

頭の中でからまったいろんな事が少しずつほどけてきたような気分です
どうもありがとうございました!


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

# by tea_wave176 | 2009-02-24 23:55 | 茶席論 | Trackback | Comments(0)

有機・清香烏龍茶

c0198781_719762.jpg

店主イチオシの冬茶は、有機・清香烏龍茶

ノンブランドだけどとってもおいしい
ノンブランドだからとってもリーズナブル

ああ~本当にいいお店見つけた~の一品です

はじめてのお茶屋さんを訪れる時
お店の雰囲気や店主のセンスや商品のラインナップ
などの何かにまず興味を惹かれ
期待を膨らませてあれこれ悩みながらお茶を購入し
ワクワクしながらお茶を淹れて見る
やっぱり決めてはこのお茶ですね☆

コノハトさんの場合
雰囲気もセンスもラインナップも
すべてにはまってる私ですけどね

来月はいよいよカフェがOPEN
雪国行きの愉しみがひとつできました


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

# by tea_wave176 | 2009-02-23 23:55 | 津軽通信 | Trackback | Comments(2)

限りなく透明に近い阿里山茶

c0198781_2414787.jpg

雪国のお茶屋コノハトさんの阿里山烏龍茶です

おめあての冬茶の他にもうひとつ
2008年冬茶の飲み比べでもしよかな~と
ついで気分で買ってみたこの阿里山茶
ひとくち飲んで、はっとしました
透き通ったクリアな感覚がと~っても印象的
この透明感はどこから来るのだろう
いつまでも限りなく続くこの感じ

「ついでに買った」なんて大変失礼いたしました!
ゴメンナサイです
延々と淹れ続けております


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

# by tea_wave176 | 2009-02-22 23:55 | 津軽通信 | Trackback | Comments(1)

りんごの国から紅玉紅茶

c0198781_1056268.jpg

お気に入りのホームメイドスイーツにはお気に入りの紅茶をあわせたい季節
昨年夏に出会った紅玉紅茶は限定品だったのですぐに完売
どこかにおいしいのないかなぁ~と探していたら
雪国のお茶屋さんにありました!
それもとびきりリーズナブル!
茶葉を見て、飲んでみて、さらにびっくり!!!
茶ガラを見て納得の一品です☆
雪国のお茶屋さんはこちらです→コノハト茶葉店



Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

# by tea_wave176 | 2009-02-21 23:55 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

お気に入りといえば

c0198781_10153462.jpg

炊飯器でのホットケーキ作りにはまっています
なんといっても簡単なところがいいですね
材料入れてスイッチ押すだけであっという間に出来上がり~
火加減を調整する必要もないし時間を気にすることもなく
ふっくらもちもちっとした仕上がりになるところもフライパンより気に入ってます
ホットケーキと蒸しパンの中間のような感じです
材料は極力シンプルに、卵、きび砂糖、水、小麦粉にベーキングパウダー
できればベーキングパウダーも使わない方向で試行錯誤中ではありますが
バターやはちみつをつけないでそのままパクパクいけるところもヘルシーかなと

でも、とっておきのおやつ仕様は生クリーム+いちごです☆
あたたかいまま大きめのサイコロに切ったスポンジに
やわらかめに泡立てた生クリームといちごをざっくり合わせる
スポンジのもっちりした存在感がいいんです~
パティシエのショートケ-キよりも今イチオシのホームメイドスイーツでございます☆


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

# by tea_wave176 | 2009-02-20 23:55 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

白い世界

c0198781_107359.jpg

最近のお気に入り
母作品棚の中から見つけてきた白いお皿とお碗です
作者の意図は定かではありませんが
お皿は茶船にお碗は建水に
コンパクトにまとまったサイズと
無機質なようで表情のある肌がいい感じ
「何風」にも見えないところがどんなイメージにもつなげられて
茶席作りを楽しんでいます
今日は茶壺も白であわせてみました


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

# by tea_wave176 | 2009-02-19 23:55 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(2)

帰国の日

c0198781_532788.jpg

帰国の朝は寒い雨
日本から着てきたコートをはおってもおおげさではないくらいでした
滞在中はお天気に恵まれあたたかな陽気でしたが
半袖Tシャツ姿もあればセーターやダウンを着込んでる人までと街の景色は様々
見送りに来てくれた小慢さんの毛皮付きカシミアコートには驚きでした~
冬が短い台湾のオシャレなんでしょうね

迎えの車を待つ間すっかり我が家化した部屋でゆっくりお茶を愉しんで
ゆったり気分のまま車に乗り込みました
このゆとりが専用送迎車のいいところですね~☆
空港までの小一時間、まるで私達のために編集してくれたような70年代洋楽特集BGM!
なつかしのAORやバリーマニロウの声にうっとり~しながらすべるような快適クルージング
このまま家まで乗せていってくれたらなぁ~なんて

今回のテーマ「お茶を巡る旅」
それは私にとって「茶人を巡る旅」にほかなりません
日本に帰って、またあたらしい旅を続けましょう~☆


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

# by tea_wave176 | 2009-02-18 23:51 | 台湾通信 | Trackback | Comments(0)

夜のお茶会@小慢

c0198781_20182353.jpg

鶯歌から台北に戻る頃にはすっかり日が暮れていました
台北最終日の夜は小慢さんのお店でディナーです
キャンドルの灯りがとてもいい雰囲気の夜の店内
和のテイストがきいたコース料理は
新鮮な野菜や魚中心の素材を生かした優しいお味で
とってもヘルシーかつボリューム満点☆
小慢さんお気に入りの食器やテーブルを飾る小物達が
お料理のお味と雰囲気をさらに盛り立ててくれています

もう、おなかいっぱい~。ごちそうさまでした☆
そしてお茶席のはじまりです

和のテイストを生かした女性らしい道具立てが美しい茶席
まずは、小慢さんのお点前で文山包種茶を
次に私が阿里山烏龍茶を
締めは小慢さんが東方美人茶を淹れてくださいました
私の淹れたお茶を飲んだことがなかった小慢さん
自分とは違う手順で淹れる私の点前が気になった様子で
点前途中であれこれ言ってくるのです
「(抽出時間が)長すぎるのではないか」とか「お湯が熱すぎるのではないか」とか
そしてひとくち飲んでみて
「あら、なんで?そんなに強くなってないわねぇ、おいしい~」と
ふふふっ☆
同じ茶葉を同じ茶器で淹れても淹れる人によって味わいは違ってくるものです
それこそがお茶を淹れる愉しみのひとつであるし
お茶を通してのコミュニケーションのひとつでもあると思うわけです
ただ黙ってお茶をいただくことの真意はそこにあるのだということを
再確認できた瞬間でした

確かに、小慢さんは「早い」(抽出時間が短い)です
サラサラと淹れていきますし、お茶の味わいもサラサラ系です
お茶屋さんの試飲で淹れる様ながっつり濃いお茶はもう飲めないともおっしゃっていました
そういえば、この数日間に訪ねたサロンではあまり清香系のお茶は飲みませんでした
飲み慣れた人たちは、老茶とか熟香系が好みになってくるのかなぁ~
すると、小慢さんいわく「やっぱり清香が好き」
あ~よかった!こういう人もいなくちゃね~

さしつさされつの夜のお茶会
楽しい発見がたくさんありました☆


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

# by tea_wave176 | 2009-02-17 23:55 | 台湾通信 | Trackback | Comments(0)

岩茶 老茶

c0198781_12404767.jpg

今度は小さめの天目茶碗が並びました
その美しさには見とれるばかりです
使い込まれた茶壺で岩茶を淹れてくださいました
50年ものだそうですが
もうなんだかそういうことはどうでもよくなっていました

鄭さんの茶席はとにかく心地良いんです

鄭さんの席には、座ったまま手の届く位置に小さな蛇口とコンロがあって
コンロにのせたポットにそのまま水を注げるようになっています
無駄がなく、ラクチン、快適な設計です

茶盤として使っている石
いったいどのくらい美味しいお茶がしみこんでいるのだろう
なんてぼーっと考えながら
その形や高さやくぼみ具合
手になじんだ茶壺や茶海
すべて鄭さんが一番使いやすいものを使いやすいやり方で
大好きなお茶を淹れて来たのだなぁと

「文人茶藝」とは、このことなんだと感じることができた時間でした


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

# by tea_wave176 | 2009-02-16 13:46 | 台湾通信 | Trackback | Comments(0)