緊急告知!名士かくし芸大会

c0198781_19272186.jpg
駅の待合室に貼ってあるポスター
第28回年忘れ 名士かくし芸大会
いったいこれはなんだろな~?
芸人の舞台かな~?
いや、ちょっとちがうぞー
なんだかローカルな雰囲気だな~
と思っていたら
ポイントは「名士」
弘前市長や新聞社、銀行などのお偉いさん方が
揃って出演する「かくし芸大会」なんですね~!
寸劇とか、カラオケとか
出演者リストと演目みるだけで
くすっとしちゃいます~☆
しかも今年で28回目!
伝統のかくし芸大会なんですね!

その中に(株)TSUGARU SAIKOOOO!社長
=大川原お山のおもしぇ学校校長のお名前も~
ということは、あの米ちゃんも出演するんです~☆
本人情報ですぞ~☆
はい、演目は「つがる弁ラヂオ体操」
必見ですぞー☆

人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-11-27 20:09 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

SKIPP EGG OPEN~☆

c0198781_114212.jpg
タルトとスイーツのお店SKIP EGGが弘前ルネスアヴェニューにOPENしました~☆
SKIPP EGGさんといえば青森A-Factoryオープン当初から
青森のコーヒーカラーズさんのコーヒーや
コノハトカフェさんの中国茶や紅茶といっしょに
おいしいスイーツを楽しめる人気のお店
それがまるごと弘前に登場です
しかも、と~ってもゆったりスペース
お陽さまたっぷりの明るい雰囲気が気持ちいいです
c0198781_1142082.jpg
弘前で中国茶を楽しめるカフェの登場はうれしい限り!
まずは、お芋のタルトをチョイス
お芋スイーツは「東方美人」に合うんです~☆
c0198781_1143772.jpg
そして東方美人の登場です
しっかり熱々のお湯が注がれた大きめのティーポットに
茶葉がゆったり広がる三角ティーバッグ
ティーカップもちゃーんと温めてあるのがうれしいです☆
しっかり濃厚な味わいの東方美人を楽しみました
リーフで味わう街のカフェの東方美人と違う味わいを楽しめますよ☆

人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-11-27 12:06 | 津軽通信 | Trackback | Comments(2)

洋館と雪景色と中国茶

c0198781_152680.jpg
~藤田記念庭園 冬の洋館de中国茶会 開催のお知らせ~
今朝カーテンを開けると一面の銀世界~☆
日中にはどんどんとけてしまいましたが
津軽はもうそんな季節です

昨シーズンに引き続き
この冬も弘前市藤田記念庭園では
11月24日~3月31日までの下記期間
庭園洋館の開館を実施します~☆
・土日祝日
・12月29日~1月3日
・1月13日~25日 JR「大人の休日倶楽部」期間中
・2月9日~12日 「弘前雪燈籠まつり」開期中
9時から17時です
雰囲気のある洋館のカフェで
雪の庭を眺めながらまったりできるんですよ~☆

そして
一般公開されていない二階のお部屋では
この冬も毎月中国茶会を開催します

『洋館と雪景色と中国茶』

津軽ならではのお楽しみです
是非ご一緒しませんか~☆
どうぞよろしくおねがいします

■日 時
12月18日(日)  一部 10:00~11:30 満席となりました
           二部 12:30~14:00
           三部 14:30~16:00
~第一部の開始時間が早くなりました~
■場 所
青森県弘前市大字上白銀町8-1
藤田記念庭園 洋館2階 第二会議室

■茶 席 料
お一人様 3000円 (完全予約制)

■お申込み・お問合せ
お名前、ご参加人数、ご希望の部、連絡先電話番号を明記の上
下記までメールをお願いします
折り返し詳細をご連絡いたします
tea_wave176@excite.co.jp

☆11月24日~11月30日の期間
高台部庭園を無料で一部開放しているそうです
雪の庭園を歩けるチャンスですよ~☆
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-11-26 01:40 | お茶会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

庭園茶会の三年

c0198781_1912117.jpg
弘前市藤田記念庭園下部庭園の茶屋「松風亭」にて
4月~11月までの開園期間中毎月開催している中国茶会も
今月で三年目のシーズンが終了しました

東京から通い始めた一年目は
季節ごとの庭園の美しさと
茶屋をまるごと一軒貸し切った中国茶会に
ただただ
わくわくしながら茶席をご用意しました

桜の季節が待ち遠しかった二年目は
オープニングにYumekoさんたち茶友を迎えて
庭に茶席を持ち出したりして
季節の楽しみを存分に味わえたらと

そして津軽に住み始めた三年目
秋田のさらさらさん、三沢のコトブキさんと東北チームを結成~☆
津軽で暮らす日々の中で
「お茶淹れ人」として何ができるのかを考えながら
回を重ねて参りました

毎月の庭園茶会はまさに定点観測

同じ季節に同じ場所でお茶を淹れる中で
「同じ時」は二度とないということを
その違いをはっきりと感じることができる場所

お茶と向き合い
人と向き合いながら
自分としっかり向き合える場所

「お茶淹れ人」として大切な多くのことを
いつも教えられる場所です

三年目の最終回の茶席でいただいた課題
それはこの一年のすべてのことに
ぴったりリンクしていました

『このお茶を、どう淹れるか』
すべてはここに在るのだと
c0198781_19122333.jpg
茶屋での中国茶会は来春までお休みとなりますが
12月から3月までの間は
洋館の二階のお部屋で開催して参ります
詳細は後日お知らせ致します
どうぞよろしくおねがいします
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-11-25 00:21 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

11月の雪

c0198781_12211327.jpg
津軽平野の真ん中よりも
青森市内の真ん中の方が雪が多く積もっていました
クリスマス気分には待ち遠しい雪ですが
もう少し秋を楽しみたかったかな~なんて
黄色い紅葉と白い雪
あったかいスープスパが染み込みます~☆
コノハトカフェの冬景色
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-11-23 12:29 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

気分を変えて 変わったこと

c0198781_0462959.jpg
11月のNHKカルチャー弘前教室「中国茶をおいしく淹れましょう」のご報告

机の配置を変えてみました

目線が変わると気分も変わる
お茶を淹れることは
いつもの時間と変わらないはずなのに
いつになくあらたまった気分での
お茶淹れがスタートしました

これはおもしろい変化です

そしてもうひとつ

前回話題になった砂時計をセットしてみました
淹れ方もいつもと違う方法を提案
味わいにどんな変化が現れるかを
みんなで検証~☆

とてもおもしろい結果が得られました

お茶を淹れる時の雰囲気を変えることで
生徒さんの気持ちを変えてみたかった
そうあるべき、とかいうのではなく
自然な変化を期待して
ちょっとした実験のつもりで

そして気付いたこと
気分を変えてみたかったのは
私自身だということ
今までと違うことを取り入れて
お茶の淹れ方自体も変えてみて
そこから新しい方向性が生まれました

またひとつ
お茶から教えていただきました
ありがとうございます!

~プチ予告 その1~
1月期のはじめに
カルチャー教室deお茶会シリーズ
「烏龍茶を楽しみましょう ~大陸編&台湾編~」を開催します
詳細はこちらにて

~プチ予告 その2~
「第二回 中国茶をおいしく淹れる茶席展」
来年3月開催決定~☆
詳細は後日ブログにて

どうぞよろしくおねがいします☆
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-11-22 00:40 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

嵐の中の静けさ

c0198781_16455238.jpg
外は嵐
でも道場茶会の会場には
とても静かな空気が流れていました
美しい秋のシーンを愉しみながら
杉林渓烏龍茶の香りと味わいを
静かに静かに重ねていきます
c0198781_16465372.jpg
シンプルだからこそ映える一点のうつわ
それだけで充分だと思います
そこに心があるならば
c0198781_16462717.jpg
ひとつの茶席を大切に創ること
それがすべてだと思います
そんなひとつが出来上がれば
それだけで充分だと思います
c0198781_1648666.jpg
思いのこもった茶席で
何度も何度も聞香杯の香りを愉しみながら
台湾後の道場にいつもと違うものを感じつつ。。。
c0198781_16482557.jpg
そういえば
毎年この時期はクリスマスモード全開だったなぁ~なんて
大人気の*R cafeさんのクリストシュトーレンや
はじめてのパン・デピス
絶品の鬼柚子ピールチョコに雪ぼうろをほおばりながら
クリスマス気分満載の午後の蜜香紅茶へ突入です
c0198781_16474882.jpg
衣装もキラキラで登場のセンパイ茶席
これぞcha-bliss
説明しなくてもわかります
クリスマスはこうでなくっちゃ~ね☆

お茶飲みとお茶淹れをじっくり修業した道場
台湾の余韻が残る中
台湾前とは違う道場修業になったなぁ~と
どこがどう違うのか
じっくり整理しながら
来月のお茶研へと続いていきます
c0198781_16445623.jpg
【ご紹介頂いているブログ】
たまゆら庵
茶腹なひととき
cha-blissのteatime style
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-11-20 18:18 | 東京通信 | Trackback | Comments(2)

台湾"甘温"研究会です

c0198781_15245483.jpg
~第九回 現代茶席研究会 開催のお知らせ~
10月に訪れた台湾では
南投茶業博覧会を見学したり
千人茶会で茶席を創りお茶淹れ人として参加したり
台湾のお茶人などたくさんの人たちと
お茶を通して交流を持てたり
盛りだくさんの「第八回 現代茶席研究会」となりました

第九回のお茶研では
その経験を
現地に行った人と行かなかった人
研究員の皆でシェアしながら
ひとつひとつ検証していこうと思います
あぁ~楽しかった~
だけでは終わらせません!
お茶研メンバーの現地研究会ですからね
データとして共有財産にしていかなくては!
と思っています

台湾へお茶旅に行ってみたいけれど
どこがお勧めですか~と聞かれることがよくあります
知りたい方は是非
次回お茶研へどうぞ~☆

そしてもうひとつ
帰国後に開催された「台湾茶をたのしむうつわ展」
あたらしいうつわを手にしたその後は
「どう使うか」ということについて
これはとても大きな課題です
じっくり検証して行こうと思います

お気に入りの作家さんのうつわで
おいしくお茶を淹れる茶席づくりができたらいいな~
そんな方も是非ご参加くださいませ~☆

現代台湾茶席に学ぶこと
そしてこれからの私たちの茶席を創ること
お茶研の大きなテーマにどっぷり向き合いながら
感謝の気持ちを台湾へ
まるごと台湾"甘温"研究会です~☆

~受付は終了しました~

■日 時
12月10日(土) 10時 ~ 15時 
*途中約1時間昼休みあり(昼食は各自ご用意ください)  
 
■場 所
東京松屋インテリア和紙ショールーム・ショップ 4階 庭園ホール 
東京都台東区東上野6-1-3
(最寄駅/東京メトロ銀座線 稲荷町駅 3番出口より徒歩2分)

■会 費
お一人様  3000円 
*事前予約制です
*会費は事前にお振込みいただきます(詳細はお申込後にご連絡いたします)
*お振込み口座ご案内後一週間以内にご入金願います
*ご入金の確認ができた時点で正式なご予約とさせていただきます
*ご入金後のキャンセルによるご返金はできません

■お申込み・お問合せ
代表者のお名前(フルネーム)、ご連絡先携帯電話番号、
ご参加人数(複数の場合は全員のお名前をフルネームで)
下記までメールにてお申込下さい

tea_wave176@excite.co.jp

■協 力 
江戸からかみ 東京松屋
Yumekoさん

■企 画・主 催 
TeaWave
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-11-17 16:09 | お茶会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

みんなが待ってたうつわ展

c0198781_23581732.jpg
お茶研@台湾の旅から帰国して
翌日からはじまった「台湾茶をたのしむうつわ展」
たくさんの方々と夢のような時間を過ごさせて頂きました
本当にありがたく思い返しながら
反省と今後の課題について考える日々が続いております

この企画が出来上がったきっかけは
「茶席で自分らしく使えるものを日々探していた」ことからです
個性あふれる作家さんの素敵な作品を
中国茶・台湾茶の茶席で使えたらいいな~
でも、お茶がちゃんとおいしく入るうつわでないとね~
そんなことから始まって
「台湾茶を淹れる茶席に必要な茶器類」として
作家さんに創って頂くことになったわけです

made in japanの中国茶器が欲しいわけではなく
あたらしいジャンルのうつわが欲しかった
でもそのことを直接言葉では説明したくなかった
イメージや色をこちらから付けたくはなかった
できる限り無機的に
こちらの思い入れや熱意は
極力伝わらないようにしたい
その方が自由に受け取れるのではないかな
作家さんの個性をそのままぶつけてくれたらいいな
そんな風に思い悩んだ結果が
ぎっしり文字で埋め尽くした企画書になったわけです
私も相当悩み何度も書き直し格闘しましたが
作家さんたちも相当格闘してくださったお話を
会場であとから伺った時には
涙が出ました~☆
思いは伝わるんですね

何よりも
初日会場に到着し作品たちを一目見た瞬間の感動は
忘れることができません
その圧倒的な美しさと存在感と力強さ
ものをつくる人たちの力が
うつわの中にキラキラと輝いて見えていました~☆

この輝きを受け取って
さらに輝かせ続けていくこと
それが私たちの役割です

自分らしく輝く茶席で
おいしいお茶を淹れていきたいと思います~☆
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-11-17 01:40 | 東京通信 | Trackback | Comments(0)

雪前の景色

c0198781_13244596.jpg
平野の景色も色づいて美しく
雪降る前にと
せっせとチャリンコで走り回っていましたら
昨日平野にも雪が降りました
屋根はまだ白いままです
チャリンコはしばし休眠となるかな~
明日の朝活は歩き覚悟
早起きしなくっちゃ☆
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-11-16 13:31 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)