<   2011年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

庭仕事

c0198781_19464022.jpg
梅仕事の次は庭仕事にとりかかってます
この時期は大汗かきながら職場の木々の剪定をしていたな~と思い出しながら

一応、庭園巡りや生け垣ロードで有名な尾上という土地柄
ご近所さんにあわせて生け垣くらいはきちんとしなくてはと
気合い入りました!
はじめて使うマシーンは思いの外快適~☆
あっという間に外側半分終了!
どうですか、この刈り具合!
c0198781_1943811.jpg
c0198781_19432216.jpg
残りの内側半分は明日の仕事です
いい汗かきました~☆
夕焼け空が気持ちいいです~☆
このあたりのおうちでは
猿賀神社の十五夜大祭(旧暦8月14日~16日)までに
刈り込みを終わらせてお客様をお迎えする準備をするのだそうです
季節の庭仕事、大切な任務です
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-07-06 20:38 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

ニョロスプーン

c0198781_9501496.jpg
青森クラフトフェア「A-LINE」の視察&取材(笑)を終えて
帰りのバスを待つ間も駐車待ちの渋滞が続いていました
駐車待ちの心配が必要ないお気楽バス組ですが
おっと、ここは一本道
バスもこの渋滞に巻き込まれているよな~と、ちょっと心配になりながら
そもそもこの路線の市内に戻る便は
12時29分発の市営バス(しかも青森駅には行きません)と
なぜか同時刻発の青森駅行きJRバスの次は約3時間後。。。
夕方に帰るバス利用の方たちは大丈夫だろうか~と心配になりました
来年以降もこの場所で開催されるのであれば
アクセス改善は必要だと思いますよ~

さてさてこのルートの帰り道はいつものコノハトさん
冷たいものが欲しくて中国茶で何かないかな~とお尋ねしたら
ありました!東方美人の冷茶です!
大きなグラスでたっぷりと~うれしいですね☆
そしてちょっとお客さんがいない隙にカウンターでパチリ☆
木好房DAIROKUさんのニョロスプーンとプレートです~☆
今回のA-LINEで
これだけは持ち帰ろうと決めていた品です
木の目のままに削ったスプーン☆
自分で茶針を削る時の「木の目のままに」の感覚を
こんな風に素敵な作品に仕上げている方が
津軽にいらっしゃるなんて!

コノハトさんのカウンターにもとってもよく似合ってるでしょ☆へへへ
c0198781_9505234.jpg
プレートには木の名前が刻まれています
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-07-06 11:04 | 津軽通信 | Trackback | Comments(2)

ねぶたの里deチキン棒

c0198781_12341676.jpg
7月2日、3日に開催された青森クラフトフェア「A-LINE」へ行ってきました~☆
昨年までは「C-POINT」として10年間
わさおでおなじみ鰺ヶ沢で開催されていた人気のクラフトフェアが
夏の海辺から八甲田の森へ~
「C-POINT」の評判はあちこちで聞いていたので
これは是非とも!と財布のヒモは堅く結びつつ出掛けました
はい、あくまで「取材」です。。。とほほ

会場となったねぶたの里は
お気に入りの場所、国際芸術センター青森のすぐ近く
ねぶた展示&体験のできる観光スポットですが
出展者もお客さんも「C-POINT」からのおなじみさん
な雰囲気にちょっとアウェイ感も感じつつ。。。
(最近起こったアウェイな出来事にちょっとめげ気味でして)

ひとまわりした頃
いっぴきの虫が呼び込んでくれたテントは
笠間市の陶・工場654さん
楽しい作品はと~っても好み~☆
ヒモがゆるみはじめました
が、奇跡的にも意識が戻り
というより物欲から食欲へ~☆
c0198781_12343542.jpg
鰺ヶ沢のチキン棒です!
これ、食べてみたかったんです!
揚げてますが、フライドチキンとはひと味違うんです
カリッカリッの歯ごたえにやわらかい塩味チキンがあっさりと
お兄さんお勧めのマヨネーズもおいしかった~☆
凍らせた梨山冷茶のきりりとしまった味わいと
森の風も気持ちよく元気復活!
c0198781_12345793.jpg
そして物欲復活~!と行きたいところですが
固く結んだ財布の中身が、なかった。。。
荷物と一緒に財布の中身も軽くして出掛けるのが一番ですね
「取材」ですからね。。。とほほ
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-07-05 13:49 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

中国茶会体験の日

c0198781_1122235.jpg
NHK文化センター弘前教室の中国茶講座「中国茶をおいしく淹れましょう」は
7月から3年目に突入しました
そこで、はじめての試み
「中国茶のお茶会体験講座」を開催しました
中国茶のお茶会って?
決まった作法はあるの?
どうやって飲んだらいいの?
この見慣れない茶器は何?
お菓子はいつ食べたらいいの?
いきなりお茶会と言ってもまだまだ馴染みのない中国茶
ならば、そのお茶会を体験する講座にしてしまおうと思ったわけです
お茶淹れ人はレギュラー講座の生徒さんたち
裏方仕事もすべて生徒さんにお任せです

私の任務はまず3つの茶席のセッティングから
夏気分のからかみに
大中小の竹茶盤で中国茶の雰囲気をわかりやすく~
床の間見立てに並べたガラス飾りは
お茶淹れ人の生徒さんたちにもお渡しして
ご自分の茶席に自由に飾っていただきました
c0198781_1192583.jpg
c0198781_1194020.jpg
c0198781_1110222.jpg
ほんの少しの飾りにも
それぞれの個性が出て
楽しい茶席になりました~☆

今回の講座の企画を生徒さんたちにお話しした時
「お茶淹れ人はやってみたいけれど、茶席でお話ができるかどうか…」
とのお声が多く上がりました
ならばその部分は私が全部引き受けましょうと
司会進行&解説係としてスタンバイしました
でもでも
お茶会が始まると
和気藹々とそれぞれの茶席で盛り上がっていました~☆

やっぱり、お茶会っていいですね~☆

お運び下さったお客様、ありがとうございました!
お茶淹れ人&裏方の皆様、ありがとうございました!

今後も、レギュラー講座以外に色々な企画講座を
定期的に開催していく予定です
どうぞよろしくおねがいします
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-07-05 12:24 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

2011梅仕事終了~(予定)☆

c0198781_1152501.jpg
昨日紀州の梅農家さんから5kgの完熟南高梅が届きました
待ちに待った本命の到着です☆
収穫したてをクール便で大切に届けられた梅たち
遠路はるばるようこそお越し下さいました
と頭を下げたくなる思いです
箱を開けて仕込みはじめる数時間の間にも
どんどん状態が変わっていくのがわかります

東京の八百屋さんから持ち帰った梅と
津軽のスーパーでパックされていた梅と
今年は色々な南高梅を煮茶梅にすることができました
大きさや色合い(熟れ具合)もさまざま
煮ている間の状態や仕上がりの様子もさまざま
どれにも毎回煮くずれする粒があったりして
一概にどれがいいとは言えない感じですが
それがまたおもしろいな~と

鍋で煮るだけ煮茶梅ですが
毎回緊張とともに約1時間
ほぼ鍋に付きっきりで見守る作業です

梅仕事も終わり、あとは食べるだけ~ですが
大きいものも小さいものも
完熟も青めのものも
一粒ずつの味わいをしっかり楽しませていただきます

そして煮茶梅の一番いいところ
①梅を食べて
②シロップはヨーグルトソースにしたり、梅寒天や梅ゼリーにしたり
③茶葉にはお湯を注いで梅茶にしたり、炭酸水で梅茶ソーダにしたり
三段活用できちゃうってこと!
というよりも
一度に三種類のおいしいものを作れちゃうという感じかな
なので茶葉をたっぷり使っても無駄ではないのです

ちなみに投入する茶葉は
無理矢理お湯で開かせる必要はありません
そのままでもシロップに充分味わいは染み込みます
そして梅茶になったあとでお湯を注ぐと
やんわりと開いてくれて
梅&お茶のあまい飲み物(梅茶)になってくれます
捨てるものは種くらいですね
これからの季節さわやかにきりっと元気が出ますよ~☆

今年は5種類の茶葉の煮茶梅ができあがりました
津軽の中国茶会や教室でお茶請けにお出しします
どうぞ食べに来て下さいませ~☆
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-07-01 12:32 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)