<   2011年 06月 ( 43 )   > この月の画像一覧

道場茶会午後部のお茶

c0198781_1134588.jpg
7月の道場茶会午後部のお茶は東方美人茶です
うぶ毛をまとった白く小さな新芽と一枚二枚と開いた茶葉
とても繊細な茶葉の姿を眺めていると
ひとつひとつ自由に飛び跳ねているように
まるで踊っているように見えてきました~☆
c0198781_1144654.jpg
お湯を注いでもそのままに
自由に踊り続けてくれています
今年はウンカがたくさんついたそうです
かなり驚きの東方美人です
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-30 12:35 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

道場茶会午前部のお茶

c0198781_9501819.jpg
7月の道場茶会午前部のお茶は凍頂烏龍茶です
このひと粒にぎゅーっと詰まったたくさんの味わいの中から
お茶淹れ人はどんなおいしさを引き出すのでしょうか
お茶飲み人はどんなおいしさを感じるのでしょうか
c0198781_952320.jpg
このひと粒のお茶が
お湯を注がれて開いていく様子は
まるで種から芽が伸び葉が成長していく姿のようです
のびのびと持てる可能性を出し切って欲しいな~と思います
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-30 10:45 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

夷の紅茶

c0198781_185266.jpg
国東半島の友人から届いた手作りの紅茶
コクと甘みがたっぷり詰まった
手の温もりが伝わってくる紅茶です~☆

昨年秋、東京から移り住んだ友人が
やってみたいなと思っていたことベスト3が
①味噌作り
②梅干作り
③お茶作り
だそうです。

「やりたいなという気持ちがあったから、どれも東京で体験してきたけれど
作ることに喜びを見出す、このことが、ここの生活ではとても大事。
お米つくりも、野菜つくりも、お家つくりも、生活の一部。」

おいしいお茶をありがとう~☆
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-28 18:25 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

花便り

c0198781_8225066.jpg
気温の変化が激しい津軽です
昨日の今頃は気温15度の冷たい雨
今朝はもう26度超えのぴっかりお天気
そんなことには動じずに
すべてを受け入れるように
咲いている花たち

ここではまだ少し早い紫陽花に
そんなことをぼんやり思う
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-28 09:01 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

藤田記念庭園のお煎茶席へ

c0198781_9533889.jpg
6月最終日曜日は藤田記念庭園の無料開放日です
この日に合わせて煎茶道のお席が設けられるというので
楽しみに出掛けてきました
ちょうど花菖蒲が見頃の季節
朝からたくさんの来場者で賑わっていました
今年で5年目になる煎茶会
梅園の芝生の上のテーブル席では芭蕉流
茶屋の中では東阿部流の二つのお席を楽しめます
お茶券を購入して
まずは芝生の通仙席(待合い席)へ
番茶を二煎いただきました
お茶請けはごぼうのかりんとうとカレー味のおせんべい
なぜかどちらもピリ辛~
c0198781_954243.jpg
続いて芭蕉流のお席へ
長テーブルの半分ほどの人数
お点前席に近い半分は空席のまま
遠い方へ案内されて、なかなか見えにくい配置
見せる、ということよりも
サクサクと進んでいくんですね~
冷茶を二煎と蒸しきんつばをいただきました

続いていつも中国茶会を開催している茶室へ
どんな設えにしているのかな~と興味津々
ちょうど始まるからと案内された茶布敷のお席には
赤い毛氈の上にバリ島から買ってきたというバティックが敷かれ
その上に南国イメージというお道具類がならんでいました
床の間飾りには南国風の花々と一緒に
石垣島から取り寄せたという果物類が盛られ独特な雰囲気です
ガネーシャ(ヒンドゥー教の神様)の置物まで登場していました

そんな茶席の説明を楽しくお話してくださるご主人の横で
ひたすらお茶を点てお運びをされていた高校生&大学生コンビの姿に
私は釘付けになっていました

とても手慣れたさらさらと流れるお点前
丁寧で静かで美しくそして正確
何よりも堂々してとても落ち着いた佇まいには
初々しい若さのなかに貫禄さえ感じるような
そして観ている側の心まで
静かに落ち着かせてくれるような

心うたれました
c0198781_9542140.jpg
余韻に浸りながら
同じ広間に設けられた卓点前玉露席へ
こちらでは男性の方のお点前を近い場所からじっくりと
楽しませていただきました

津軽ではじめて参加したお煎茶席
様々なお茶の道、修業の道を感じさせていただきました
ありがとうございました
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-27 12:06 | 津軽通信 | Trackback | Comments(2)

クレープ&ガレットランチ~☆

c0198781_2253341.jpg
今日は朝から弘前
遅くなったランチに
どこかいいお店はないかな~と
津軽ジェンヌさん情報を頼りに訪れたのは
クレープ&ガレット カフェ パノーマル
さすがにこの時間(午後3時前)
ごはんものはなくなってましたが
おいしい野菜とチーズたっぷりのガレットにありつけました~☆
ちょうど作成中のおいしそ~な
デコレーションホールクレープ(って言うのかな?)が目に止まったので
ミニクレープ&飲み物セット(ガレット+300円)も付けてみたら
じゃーん!
登場したのがこれです!
これでミニクレープですぞ
シトラス系のさわやか~な味わいにちょっこりパンダがかわいい~☆
ガレットとクレープ一緒に食べられちゃうのもうれしい~☆
ごちそうさまでした!

津軽ジェンヌさん、ありがとー!
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-26 23:41 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(2)

夷の烏龍茶

c0198781_7371599.jpg
国東半島から届いた友人作のお茶
「緑茶のはずが烏龍茶」
というメモの意味は
「半発酵したから烏龍茶になっちゃった~」
というニュアンスかなと思いつつ
淹れてみました
いつものように黙って差し出したお茶を飲んだ母
「うん、おいしい~」のひとこと
本当においしい~☆
中国の烏龍茶、台湾の烏龍茶
そんな○○の烏龍茶とは違うけれども
これは夷の烏龍茶
とっても身近な
でもとっても貴重な
生活の中の烏龍茶

なんともいえない華やかな香りのあとから
コクと渋みがしっかりと
でもこの綺麗な茶柄を食べてみると!
全く苦みが残らずに
やわらかくておいしい~☆
小さな新芽をひとつひとつ丁寧に摘んだのですね
これで二番茶?

紅茶も楽しみ~☆

感謝感謝☆
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-26 07:47 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)

弘前城薪能

c0198781_23122427.jpg
弘前城築城400年祭を記念して開催された
「弘前城薪能」へ
いつも朝の時間に見る定点観測ポイントは
夕方の光の中では雰囲気が違っていました
c0198781_23124627.jpg
17時開場の30分程前に到着したら
すでに行列の後ろの方でした
S席とA席のエリア内自由席制ですからね
当然気合い入りますよね
完売の約1300席
ほぼ全員が開場前に並んだのではないでしょうか
気合いの入り方と言えば
お着物をお召しの方も多くいらして
さすが弘前ですね~
そんな景色も楽しませて頂きました~☆
c0198781_2313460.jpg
岩木山を正面に眺める
芝生広場の本丸には
かつては能舞台があったそうです
今回の薪能ではどこにどんな風に舞台がつくられるのか
そのあたりにも興味津々でした
この日のために作られた特設舞台は
天守閣を背に岩木山方向を見る形
夕焼け空が背景となる最高のセッティングです
なにより絶好のお天気に
感謝感謝☆
c0198781_23132167.jpg
能「羽衣」が終わり休憩となったのは19時過ぎ
狂言「二人大名」が始まる前に薪に火が灯りました
日が暮れるとともに冷たい風もだんだんと弱くなり
クライマックスの半能「石橋 連獅子」へ
紅白の獅子舞の豪華さには圧倒されました
c0198781_23134185.jpg
能・狂言の世界を堪能できただけでも
大変うれしいことですが
このすばらしい弘前城の舞台で
絶好のコンディションで(ちょっと寒かったですが)
観ることができたことは本当に感動的でした

いつもこの場所を訪れると
大きな松に見守られているように感じるのですが
今日の薪能は
400年の時空を超えて
ここに暮らしていたたくさんの人たちと
一緒に鑑賞しているような
そんな気分になりました
本当にありがとうございました

「先人の歩みを振り返りながら新たな未来へ踏み出す第一歩」

縦も横もつながっています☆
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-26 00:52 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

薪能なう。

c0198781_16521684.jpg

開場前の行列です。
早い人は何時から並んだのかな〜。
晴れてよかった!
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-25 16:52 | Trackback | Comments(0)

夷のお茶

c0198781_12152879.jpg
国東半島に暮らす友人から届いた手作りのお茶です
自然のサイクルのままに
農作物を収穫して食べる
お茶もその中のひとつにすぎない
そんな感じが伝わってきます
メモには
「緑茶のはずが烏龍茶。おいしいよ」
c0198781_12154816.jpg
おなじ茶葉から紅茶も!
これからは三番茶の収穫になるそうです
国東の自然をいただきますね!
感謝感謝☆
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-25 12:33 | 日々のお茶日記 | Trackback | Comments(0)