小山陽久作品@茶席展

c0198781_23523136.jpg
広さが充分にあるNHKギャラリーの会場では
机の上の茶席セッティングだけでなく
この空間全体をどんな風に仕上げるか
それが大きな課題です
というよりも
とても贅沢な自由な場所を与えられて
めいっぱい楽しむぞー!な気分の方が大きいのですけどね
そんな空間には
津軽千代造窯小山陽久作品の存在感がドーンドーンと
とてもよく映えていました~☆
c0198781_23362491.jpg
煎茶道のお道具類も手がけている陽久さん
そんな中から
中国茶席に使ってみたいあたらしいアイテムを取り入れてみたり
c0198781_23365171.jpg
木工作品との色あわせを楽しんでみたり
豊富な作品バリエーションもさることながら
実際の茶席に組み立てることで
いつも陽久庵で見ているだけではわからなかった
作品のあらたな魅力を発見できて
私自身とても大きな収穫となりました
そして茶席展の可能性を再確認☆
展示会には使い手によるテーブルコーディネートが必要不可欠だということ
作品の魅力を何倍にも見せることができると思った次第です
はい、自画自賛です~へへへ
c0198781_2337201.jpg
1月末の表参道「津軽二人展」
2月の陽久庵「初窯展」に次いで
中国茶の為に作っていただいた作品たち
お茶をおいしくしてくれる焼き締めシリーズから
繊細な白磁作品まで勢揃いです
中国茶だけに限らず
お茶をおいしく楽しむうつわを
この津軽の地から発信です~☆
c0198781_23373830.jpg

人気ブログランキングへ
Copyright (C) 2006-2012 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2012-03-14 00:46 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://teawave176.exblog.jp/tb/17658508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。