弘前城薪能

c0198781_23122427.jpg
弘前城築城400年祭を記念して開催された
「弘前城薪能」へ
いつも朝の時間に見る定点観測ポイントは
夕方の光の中では雰囲気が違っていました
c0198781_23124627.jpg
17時開場の30分程前に到着したら
すでに行列の後ろの方でした
S席とA席のエリア内自由席制ですからね
当然気合い入りますよね
完売の約1300席
ほぼ全員が開場前に並んだのではないでしょうか
気合いの入り方と言えば
お着物をお召しの方も多くいらして
さすが弘前ですね~
そんな景色も楽しませて頂きました~☆
c0198781_2313460.jpg
岩木山を正面に眺める
芝生広場の本丸には
かつては能舞台があったそうです
今回の薪能ではどこにどんな風に舞台がつくられるのか
そのあたりにも興味津々でした
この日のために作られた特設舞台は
天守閣を背に岩木山方向を見る形
夕焼け空が背景となる最高のセッティングです
なにより絶好のお天気に
感謝感謝☆
c0198781_23132167.jpg
能「羽衣」が終わり休憩となったのは19時過ぎ
狂言「二人大名」が始まる前に薪に火が灯りました
日が暮れるとともに冷たい風もだんだんと弱くなり
クライマックスの半能「石橋 連獅子」へ
紅白の獅子舞の豪華さには圧倒されました
c0198781_23134185.jpg
能・狂言の世界を堪能できただけでも
大変うれしいことですが
このすばらしい弘前城の舞台で
絶好のコンディションで(ちょっと寒かったですが)
観ることができたことは本当に感動的でした

いつもこの場所を訪れると
大きな松に見守られているように感じるのですが
今日の薪能は
400年の時空を超えて
ここに暮らしていたたくさんの人たちと
一緒に鑑賞しているような
そんな気分になりました
本当にありがとうございました

「先人の歩みを振り返りながら新たな未来へ踏み出す第一歩」

縦も横もつながっています☆
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-06-26 00:52 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://teawave176.exblog.jp/tb/16518679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。