あらたなスタート 洋館de中国茶会

c0198781_16542916.jpg
弘前の藤田記念庭園で中国茶会を開催しはじめてから
この4月で3年目がスタートしました
毎月季節の移り変わりを楽しみながら
自然に囲まれた庭園の茶室ですごす中国茶会は
他のどの場所でも体験することができない充実の時間
静かに丁寧にじっくりとお茶と向き合う貴重な時間
季節のお茶やお菓子をあれこれ考えながら
お茶を淹れる私にとって
一回一回に新しい出会いがあり新鮮な場所です

今年はその新鮮な場所をもうひとつ
洋館de中国茶会も毎月開催していきます

茶室と洋館二日続けての開催ですが
お淹れするお茶と茶席の設えは全く違うものをご用意します
早速続けてご参加下さった方が
本当にぜんぜん違うのね~と驚かれていました
バリエーション豊富な中国茶ならではのお楽しみ~☆
いろんな切り口で冒険もしながらご紹介していきたいと思います

実を言うと、これまであちこちでお話しして
ことごとく却下されてきたような「冒険」が
いくつもあるのですが
この洋館ではあえてそんな「冒険」にチャレンジしていこうかな~と
この津軽の地ではそんなチャレンジができるような
懐深く受け止めて、それぞれの方の価値観で楽しんで頂けるような
そんな気がしているからです

第一回目となった23日は
世田谷のtocoro cafeで出会った岡田直人さんのボウルを並べて
c0198781_17341444.jpg
こんなお茶から始めました~☆
茶葉をお見せして香りを聞いて
温めたボウルに入れて香りを聞いて
浸潤させた香りを聞いて
さらにお湯を注いで香りを聞いて
くりかえしくりかえし香りを聞く時間

ボウルを包む手に伝わるぬくもりと肌の感触とともに
口を近づけるとすっぽり鼻まで覆われて
香りの世界にどっぷりとひたって
聞香杯とも違う
グラスで飲む時とも違う
このボウルだから出会えるあたらしい香りの世界
続いて二種類の龍井でもじっくりと
そんな中国茶会になりました

来月もあたらしい洋館茶会でお待ちしています~☆
詳細は後日アップいたしますね

その前に
弘前の桜が満開を迎える5月2日には
「東北 de お茶しよう」プロジェクト第一弾を開催します
秋田のさらさらさんと三沢のコトブキさんをお茶淹れ人にお迎えして
庭園の茶室で三人茶席をつくります
お天気がよければ庭に飛び出してお茶を淹れるかもです
通りすがりのお客様にも
飛び入り参加でお茶を飲んで頂けるように
準備していく予定ですが
満席の場合はあしからず
予定が組める方は是非ご予約してくださいね
どうぞよろしくおねがいします~☆
c0198781_173152100.gif
Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-04-27 18:02 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://teawave176.exblog.jp/tb/16248783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。