人間のチカラ

つい先程やっとネットが繋がりました
ありがとうございます

ご連絡を下さった皆様、本当にありがとうございます!

こちらでは地震の翌日、暗くなる前には電気も回復し
携帯ラジオの用意すらなかった我が家も
TVで情報を得ることができるようになりました
が、今回一番頼りになっているのが
地元FM局アップルウェーブです!
弘前を中心とした津軽地方地元詳細生情報を
全国ネットの放送では取り上げない
小さくて身近で大切な情報を
ピンポイントで届けてくれています
交通情報、物流情報、事故情報
「○町○丁目の先の見えない行列は○○です」
「○○店は○時から営業します」「○○店は閉店です」
「○○ではガソリン売り切れです」「○○通りは除雪作業終了しました」等々
本当に心強い味方という感じです
そしてそれらの情報は、取材に出られているスタッフの方々の他
視聴者から寄せられるものであるということに
さらに大きな力をいただきました
みんなで協力し合って支え合っていくこと
そこから生まれるエネルギーを感じました

そして地震翌日
青森のコノハトカフェさんが
「店内は電気も暖房もありませんが、お茶くらいならお出しできますよ。
お代はいりませんので、一息ついてくださいねー。」
と告知されているのを知り
私も13日のお茶会、外でもいいからやらなくちゃ!と
とにかく行かなくちゃ!と
いてもたってもいられなくなり出掛けました
お茶を淹れるだけのことですが
いつも通り、できることをやり通すことが
今とても大切に思えるのです

中国茶関係のお茶会だけでなく
あちこちのイベントが中止延期になっているのを見て
仕方ないかも~とは思います
でも、ふっと周りを見てみたら
青森ではGigiさんやCOFFEE COLORSさん
弘前でもTHE STABLESさんにゆぱんきさん、zilchさんも
そして*R cafeさんも
みんな「今だからこそ」「いつも通り」がキーワードになっていることに
大きなチカラを頂きました

さらに、koroさんからは大いに拡散すべき情報をいただきましたよ!(以下転載)

【APA(米心理学協会)の提案する災害時ストレス対処法】

1.ニュースを見続けない:
際限なく災害のニュースを見続けることはストレスをより悪化させかねません。
もし大切な方々が被害にあっていて情報をアップデートし続けていたいと思って
いても、途中で休憩を挟み心身の負担を減らしてください。

2.出来ることをやっていく:
仕事や学校に行ったり食事を作るなど、普段どおりの生活をおこなっていくこと
。そうした日常生活をやり続けることは、地震について常に考え続けることを中
断するのに役立ちます。

3.健康的な行動をする:
バランスの取れた食事を取り、普段のエクササイズをし、しっかりとした休養を
とること。身体の健康を強化することは、あなたの精神的健康維持にも役立ち、
また、こうした問題を対処する際の能力を高めます。

4.事実を正しく捉えておく:
地震で恐ろしいほどの困難と損失を被るとしても、あなたの人生における良いこ
とに意識を向け続けることを忘れないでください。困難に屈せず、先にあるさま
ざまな困難に立ち向かえる自身の能力を信じてください。

5.(可能ならば)有効的に援助する方法を見つける:
多くの機関がさまざまな方法で被害者を援助する方法を提供しています。そうし
たものに貢献したりボランティアをすることはあなたが何かをすることを助ける
前向きな行為となります。


これらの方法をとることで多くの人々は現在の問題を乗り越えられるかもしれま
せんが、人によっては強いストレス反応が出るかもかもしれません。日常生活に
支障を起こすような場合は専門家の助けを得て、前に進み続けられるようにして
ください。

Copyright (C) 2011 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2011-03-18 23:54 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://teawave176.exblog.jp/tb/16073125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。