残したい美しいもの

c0198781_1891389.jpg
江戸末期に商家に嫁いだ花嫁さんの内掛けです
この色合い、美しい刺繍にくぎ付け☆
時の経つのを忘れ
あれこれ瞑想しながら眺めていました
c0198781_1892744.jpg
ひとつひとつの手仕事のすばらしさは圧巻です
とても重厚な印象の刺繍なのに
風にふわりとなびくんです
今の時代では作ることのできない品質だそうです
c0198781_189513.jpg
印象的な菊の模様の裏には素敵な柄が織り込まれて
チラリとのぞかせるだけのおしゃれ
もう、鳥肌がたちました
かっこよすぎます
c0198781_18102226.jpg
羽織の裏の柄を透けて見せるおしゃれ
ちらりと袖裾からのぞく春の模様のおしゃれ
着物のおしゃれのおもしろさ素敵さを
忘れ去られたものとしてしまうにはもったいなすぎます
渡辺八重子企画・主催の江戸町人の美意識展では
戦火を免れ蔵の中で眠っていた美しい着物&帯の数々が展示されています
会場はお茶研や道場茶会で使わせていただいている東京松屋さん
2階から4階をフルに使っての見ごたえたっぷりの展示です
c0198781_18104377.jpg
古布ならではの小物の味わいもとっても素敵~☆
19日(火)まで
必見です!

Copyright (C) 2010 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2010-10-15 23:07 | 東京通信 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://teawave176.exblog.jp/tb/15305260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。