「本場の中国茶席」って?

c0198781_1132467.jpg
私の茶席で
はじめて中国茶席を体験されたお客様から
たびたび発せられる言葉があります
「本場の中国茶席はこういうものなんですね~」
「中国ではこんな茶席でお茶を楽しんでいるのですね~」etc.
やっぱりここでも「はい、そうです」とは言えません
私の茶席には
「中国風」を再現している要素がほとんどないからです
台湾のお茶シーンからの影響は強く受けていますが
茶席で使用する茶器類は
日本のものが多くを占めていますし
(現代の台湾お茶シーンでも日本のものがしばしば見うけられます)
茶道具以外の和洋様々な分野から見立てることも多く
お茶の淹れ方やお茶請けの合わせ方
茶会服選びから茶会全体の構成などもすべて自分流
ひとつひとつ考えて創り上げているものです
たまたま、今のところは
中国&台湾のお茶を淹れることが多いというくらいのもので
そのお茶を美味しく飲んでいただくためには
どういう環境を用意したらいいのか
美味しく淹れるために
自分にとって心地よい環境とはどういうものだろうか
そういうことを追求しながら
自由に変化し続けながら
出来上がってくるのが私流の茶席です

TeaWave茶会 ≠ 中国茶のお茶会

こう表現したほうがいいかもしれません

でもそれは私に限ったことではなく
これまで道場茶会という場を通して接してきた
たくさんのお茶淹れ人たちが
様々な創意を膨らませながら
それぞれに自分流の茶席を作っている
それがまさに現在進行形の
日本のお茶シーンのひとつになっているなと
本場日本の中国茶席になっているなと
はっきり感じることができます

百聞は一見に如かず
まずは現場にお越しください
第一回 現代茶席研究会は本日締め切りです~☆

Copyright (C) 2010 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2010-08-20 07:00 | お茶会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://teawave176.exblog.jp/tb/14981266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。