「中国茶のお茶会」って?

c0198781_1845868.jpg
今年の夏はいつにも増してよく走ってます
走り回る先々ではじめての方とお会いする機会が増えています
そこで自分のお茶活動を説明するとき
「中国茶のお茶会を開催しています」と言うと
先方の頭の上に?マークが浮かぶことが良くあります
それもダブルで

ひとつめは「中国茶」って?
「あの口の長~いヤカンを振り回して淹れるヤツ?」とか
「急須の上からじゃぼじゃぼお湯をかけるヤツ?」とか
中国茶というと、まだまだこういうシーンが浮かぶんですね。。。
でも、自分では長いヤカンは使いませんし
じゃぼじゃぼお湯をかけることばかりでもありませんので
すんなり「はい、そうです」とは言えません

ふたつめの?は「お茶会」に関して
「お茶会っていうと、正座してお作法とかあるのですか?」とか
「やっぱり着物とか、中国だからチャイナドレスとか着るのですか?」とか
茶道の世界から連想されるイメージが強いのですね。。。
ここでもまた「はい、そうです」とは言えません

結局「中国茶のお茶会」という言葉では何も伝わらないなぁ~と
自分のお茶活動はこの言葉では説明できないなぁ~と
そんなこともきっかけのひとつになって
現代茶席研究会発足につながりました

Copyright (C) 2010 Tea Wave All Rights Reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2010-08-19 07:03 | お茶会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://teawave176.exblog.jp/tb/14977376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。