真夏の庭園茶会

c0198781_1418583.jpg
8月の茶室de中国茶会in藤田記念庭園はねぷた祭り期間中の開催となりました
前日のカルチャー講座教室からの眺めでよ~くわかりましたが
お祭り期間中の弘前の街は巡行の何時間も前のお昼ごろから
もうすでに車の動きが大変になるんですね~
そんな中お運びくださった皆様、本当にありがとうございました
また新しいご縁をいただき感謝感謝です

真夏の茶室の暑さに備え
風の通る広間に3つの茶席をご用意し
ガラス使いで涼しさを演出しました
前日までの気温の低さに夏気分も半減気味だったところ
あまり暑すぎるのも大変だけど夏はやっぱり暑くなくちゃね~
という気分にはちょうどよい夏日になってくれました
写真に写る陽射しにも夏の輝きが美しいですね☆

日陰に座って吹き抜ける涼風を感じながらのお茶会
季節を自然を満喫しながらお茶を淹れられることの幸せを
この場所はいつも感じさせてくれます

まずは文山包種茶の水出し冷茶を小さなグラスでくいっと一杯
茶梅シロップの冷たいデザートも最初にお出しして
やんわりと低い温度で淹れた白毫銀針へ続きます
こちらも小さなグラスで茶葉の動きを眺めながら
汗がすぅーっと引いてゆくまでゆっくりと

二席目では東方美人茶を
夏のさわやかカラーのテーブルにお茶の赤い色を加えたくて
ガラスの茶海を真ん中に
ガラスの煮水器のお湯はやや低めの温度にして
甘くとろんとお淹れしました
お茶請けにも甘いサブレたちを

そして三席目
最初の二つの席でお茶請けを召し上がっていただいて
最後の茶席では熱くきりりと梨山烏龍茶で締めくくります
今回の茶譜はお湯の温度もひとつのポイント
冷たいものから始まり徐々に温度を上げていって最後はあつあつで
薫り高い梨山茶の余韻をそのまま
茶室を出てからもお持ち帰りいただきたくて
暑い夏の街をお帰りいただく皆様へのおみやげがわりにと
そんな気持ちで組み立てました

来月ここへ来る時はどんな風が吹いているのでしょう
どんなお茶をどんな風に淹れたいと思うでしょう
感じるがままにお茶を淹れる楽しみ
未知の自分と出会える楽しみ
そんな感覚の庭園茶会です☆

Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-08-09 06:59 | 津軽通信 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://teawave176.exblog.jp/tb/12100314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。