茶席作りのあれやこれや

c0198781_10531246.jpg
7月20日開催の世田谷観音de道場茶会では
はじめての企画としてお茶を淹れる人も広く募集しています
素敵な場所で心静かにお茶を淹れる楽しさを
多くの方に味わっていただきたいと思うからです

お茶会で淹れた経験がなくても
何の資格も持っていなくても
中国茶の勉強をしたことがなくても
そういうことはまったく関係ありません
マイ茶器をお持ちで普段ご自分で淹れてらっしゃる方なら
そのままのやり方でいつもどおりでいいんです

「茶席をつくる」ということについて
その響きがちょっと難しく聞こえてしまったのかもしれませんね
それは「お茶を淹れる&飲む為に必要最低限の環境をつくる」ということです
ポイントは「一回20分の間に、飲み人3人とご自分の4人分のお茶を最低三煎」
これで淹れなければならないお茶の分量とお湯の量が見えてきますから
手元で使う煮水器や保温ポット、茶壷や飲杯の大きさが決まります
すると茶海、茶盤や茶船、そしてお湯を捨てる建水の大きさも決まってくるでしょう
茶葉はこちらでご用意しますが
お茶によって使いたい茶壷なども変わって来ると思いますし
聞香杯を使うか使わないかによって茶托も決まります
茶盤にするか茶船を使うか、お気に入りのお皿でコーディネートするか
この辺になるとセッティングの楽しさも加わってきますが
ここでは捨てるお湯の量も考えて道具選びをしなくてはなりません
特に今回のように限られた時間内に洗い場作業が集中することを考えると
茶葉も捨てられる大き目の建水の方が
何度も洗い場へ捨てに行く必要がなく便利ですし
(さらに予備のバケツなど手元にあると安心です)
逆にお湯をそのまま流せる茶盤を使うと
その大きさによって、建水も小さめ、または必要ないかもしれません
また、捨てられるお湯の量から逆算して
温めなどに使うお湯の分量を調節していくこともあります
とまあ、ここまで厳密にしなくても
できる限り裏方サポートをさせていただきますのでご安心下さい~☆

ただ、ひと通りこのように考えながら茶席を作っていくことで
ご自宅でのお茶淹れがよりスムーズにできるようになるのは確かですし
これがひとつのきっかけとなって
お友達のおうちとか、公園で野点とか
気軽にお出かけお茶淹れができるようになるかもしれませんよ~
こじんまりとミニマムセットでの茶席でお茶淹れができれば
世界は広がりますね☆

Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-06-24 07:51 | お茶会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://teawave176.exblog.jp/tb/11815172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。