文山包種茶

c0198781_1346967.jpg

スタッフの方に案内されて「禅院」に上がると
美しくしつらえた茶席で静かに待つ人の姿がありました
食養山房の料理人を勤める唯一の日本人、Tさんです
Tさんには今回の予約の際にも色々とお世話になったのですが
まさか自らがお茶を淹れてくださるとは思っても見ませんでした
サプライズの連続です
毎朝、厨房での仕事が始まる前に
オーナーからお茶の指南を受けているというTさん
静かな、そしてしっかりとしたお点前で
まずは文山包種茶を淹れてくださいました
とても楽しそうにお茶を淹れてくれるTさんの姿からは
お茶が好き、お茶を淹れることが好きなんだなぁということが伝わってきます
言葉を交わさなくても心の交流が出来るところが
茶席の大きな愉しみのひとつ
黙ってお茶を淹れて
黙ってお茶をいただく
それだけで、確実に伝わる心があると
再確認できたうれしい茶席でした

おしゃべりもたーっぷりしましたけどね☆


Copyright © 2009 Tea Wave : All rights reserved
[PR]

by tea_wave176 | 2009-02-05 15:48 | 台湾通信 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://teawave176.exblog.jp/tb/10804932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。